既読スルーされたら実行すべき3つの手段!相手が既読スルーするのはなぜ?

現代に欠かせないLINE。コミュニケーションだけでなく仕事や恋愛でも活躍しています。そしてLINEといえば相手が読んだか読んでいないかの「未読」「既読」が特徴とも言えます。

特に恋愛においての既読スルー問題は、多くの人が経験しているでしょう。相手がLINE文面を読んで「既読」になったのに返信が来ない。

もしかして無視されている!?気になる相手からの既読スルーは辛いですね。

今回の記事では、既読スルーされた時に実行するべき手段と避けるべき手段を説明しつつ、なぜ既読スルーされるのか、既読スルーを避ける方法なども一緒に解説します。

本記事はプロモーションが含まれています
本記事を経由してサービスの利用があった場合、掲載企業から紹介手数料を受け取ることがあります。ただし、紹介手数料の有無が本記事の内容や順位に影響を与えることはありません。コンテンツ内容に関しては、株式会社Life Storiesが独自で制作したものです。(コンテンツ編集ポリシー)

既読スルーされたらどうする?実行すべき手段

既読スルーされたらどうするべきでしょうか?三つの実行すべき手段があります。

  • 時間をおいてみる
  • 自分が送ったLINEの内容を確認する
  • 話題を変えてもう一度LINEを送る

「既読スルーされている…。」と落ち込むのはまだ早いです!これから紹介する方法で既読スルーに打ち勝って下さい。

時間をおいてみる

時間をおいてみましょう。もしかして相手は仕事や用事などですぐに返信ができない状況かもしれません。

また、返信速度の遅い速いの基準はひとそれぞれです。すぐに返信を返さないのはあなたにとって遅いかもしれませんが、相手にとっては特に問題なく、もう少ししたら返信しようとしている場合も。既読スルーをしようとしてる訳ではありません。

気になる相手からの返信はすぐに欲しいものですが、焦りは禁物です。返信をうながすと鬱陶しいと思われる危険も。ここは一度我慢しましょう。

自分が送ったLINEの内容を確認する

自分が送ったLINEの内容を確認しましょう。

だらだらと長文だったり、相手がなんと返せば良いか悩むような内容ではありませんか?

文を読むのが苦手な人は、長文が送られてくると読む気が起きなくなりますし、結局何を言いたいのか伝わっていないのかも。

また、文は短くてもなんと返せばよいか悩むような内容ですとLINEの返信率は下がってしまいます。質問を入れると相手も返信しやすいですね。

話題を変えてもう一度LINEを送る

話題を変えてもう一度LINEを送ってみましょう。

把握できているなら日にちや時間帯も考えて、相手の忙しくない時を選ぶと返信率も上がるかも。

どうして返信してくれないのかと問い詰める内容は絶対にNGです。
長文になってないか、返信しやすい内容か送る前に一度確認してから送りましょう。

相手が既読スルーするのはなぜ?

そもそも相手が既読スルーするのはなぜでしょう。考えられる理由は五つです。

  • 忙しくて返信できていない
  • 返信の必要がないと思っている
  • 返信を忘れてしまっている
  • 恋愛の駆け引きをしている
  • LINEのやりとりをめんどくさく感じている

以上の理由で既読スルー状態になっているのかも。それぞれ説明しますので、どのパターンか考えてみましょう。

忙しくて返信できていない

忙しくて返信ができていない状況です。

LINEの内容は確認できたけど、忙しくて返信ができない。後から落ち着いた時に返信しようと思っているのかも。

また、あなたのLINEに対して忙しいときに片手間で返信したくないという気持ちの表れかもしれません。返信の内容をしっかり確認したいのかも。

もし既読スルーされたら、相手は今忙しい時間帯ではないかどうか一度考えてみましょう。

返信の必要がないと思っている

返信の必要がないと思っているパターンです。

既読スルーといえば既読スルーですが、無視をしている訳ではないので安心して下さい。

返信が必要かどうかは人それぞれ基準が違います。あなたが送った内容が最後にLINEのやり取りは終了していると勘違いしているのかも。

この場合は、質問など相手が悩まずに返しやすい内容を意識すると、きちんと返信してくれるでしょう。

返信を忘れてしまっている

うっかり返信を忘れている場合もあります。

相手が忙しかったり他に用事がある時にLINEが来て、後で返そうと思いそのまま忘れてしまっているパターンもあります。

内容は確認しているので、既読にはなっています。通知も消えているので返信を忘れているのも中々気づきにくいのです。

もう一度LINEを送ってみると「返信しなくてごめんね!」とあっさり返信がくるかもしれませんね。

恋愛の駆け引きをしている

わざと返信をせずに恋愛の駆け引きをしているかも。

相手もあなたの事が気になっています。少しでも気を引きたくて返信を引き延ばしているのです。あなたを焦らしている状態です。

返信がないことでそわそわさせて自分のことを考えさせようとしている恋愛テクニックです。気になる相手は恋愛経験豊富かも。

LINEも恋愛の駆け引きとして上手く使っている可能性もあります。

付き合う前のドキドキする駆け引きをあえて楽しむのもありですね。

LINEのやりとりをめんどくさく感じている

LINEのやりとりをめんどくさく感じています。

LINEのやりとりが好きな人もいれば、苦手な人もいます。苦手な人はちょっと長い文や、返答に困る内容のLINEが送られてくると返信する気力が無くなってしまいます。

LINEが苦手な相手には、短い文面で返答しやすい内容を心がけましょう。もしくは電話までできる仲なら、LINE電話などでやりとりするのも良いでしょう。

ただし、相手の都合を考え迷惑にならないように気をつけて下さい。

既読スルーされた時のNG対処法はこれ!

既読スルーされたら実行すべき手段を紹介しましたが、反対に既読スルーされた時のNG対処法も解説します。

  • 追撃LINEを何度も送る
  • 既読スルーした理由を問い詰める

以上の二つです。それぞれ解説しますね。

追撃LINEを何度も送る

追撃LINEを何度も送るのはNG対処です。

既読がついて返信が無いからといって、相手の都合も考えず返信がくるまで何度もLINEを送ってはいけません。

あなたへの印象が悪くなってしまいます。

あまりしつこいと、ストーカーの様に思われてしまうかも。

ぐっと我慢して、LINEするとしても一から二回程度に抑えましょう。「返信ないけど何かあった?大丈夫?」と相手を気遣うLINEを送れば好印象です。

既読スルーした理由を問い詰める

既読スルーした理由を問い詰めてはいけません。

「どうして返信してくれないの!?」と問い詰められてはプレッシャーに感じてあなたとのLINEが億劫になってしまうかも。

もし返信がきたら「返信嬉しい、ありがとう。」などと素直に送ると相手も悪い気はしませんね。既読スルーの理由は問い詰めず、お互いが楽しめるLINEにしましょう。

既読スルー=脈なしではない!判断するポイント

既読スルー=脈なしではありません!返信がないからといって落ち込まないで下さい。判断するポイントは三つあります。

  • 返信がきたときにフォローする言葉がある
  • 相手が絵文字やスタンプを使っている
  • 顔を合わせた時にいつものように接してくれる

必ずしも既読スルー=脈無しではないので、安心して下さい。

返信がきたときにフォローする言葉がある

返信がきたときにフォローする言葉があるときは無視していた訳ではありません。

「返信遅くなってごめんね!」「忙しくてLINEできなかった」など謝罪や既読スルーの理由などのフォローがあった場合は、あなたの気持ちを配慮している証拠です。

無視をしていたのではありません。返信が遅くなって相手も焦っているかも。「大丈夫だよ。忙しいのにありがとう。」などあなたからもフォローをすると相手も安心できますね。

相手が絵文字やスタンプを使っている

相手が絵文字やスタンプを使ってきてくれるときは、あなたとのLINEのやりとりを大切に思っているかも。

興味の無い相手や、LINEをしたくない相手には適当になって文字だけになりがちです。むしろこれ以上やりとりをしたくないからわざとそっけなくする場合もあります。

絵文字やスタンプを使っている時はあなたとのLINEのやりとりを真剣に考えているからです。

顔を合わせた時にいつものように接してくれる

既読スルーのままでも、顔を合わせた時にいつものように接してくれます。

相手はLINEのやりとりに重点を置いていません。返信しなくても大丈夫だと思い、既読スルーも大変なことと感じていないかも。

あなたとのコミュニケーションの基準に差があるだけで、脈が無いわけではありません。

もし付き合うことになった場合、LINEやりとりの価値観などですれ違ったり喧嘩になってしまうかも。相手の基準は把握しておいたほうが後々悩まず済みますね。

今後既読スルーされないために気をつけたいポイント

無視されている訳ではないけど、やっぱり既読スルーは辛い!という人へ、今後既読スルーされないために気をつけたいポイントを紹介します。

  • 長文LINEは避ける
  • 送信する時間を考える
  • 相手のペースに合わせる

こちらの三つを意識してLINEをしてみて下さい。解説していきます。

長文LINEは避ける

長文のLINEは避けて下さい。

相手が読みやすいようになるべく短くまとめましょう。伝えたいことや話したいことが沢山あると長文のLINEになってしまいがちです。

あまり文が長いと何を伝えたいのか分かりづらいですし、読む気も失せてしまいます。会話でいうとあなたが永遠に話し続けているイメージです。

相手との言葉のキャッチボールが上手くできていません。

相手とポンポンとテンポよくLINEできる文を心がけましょう。

送信する時間を考える

LINEを送信する時間を考えましょう。

LINE送信する時間帯も大切です。

早朝や深夜など睡眠の時間帯は避けて下さい。また、相手の仕事などの忙しい時間も避けて比較的時間に余裕のあるプライベートな時を狙って下さい。

相手も忙しい時はLINEを後回しにしがちです。反対に、時間がある時は余裕があるので返信率も高く、既読スルーも避けられます。

毎回毎回忙しい時にLINEが来ると、相手は鬱陶しいと感じてしまうかも。おおざっぱでも良いので相手のスケジュールは把握しておくと良いでしょう。

相手のペースに合わせる

LINEのテンポも相手のペースに合わせましょう。

LINEをしている相手の返信が毎回速く、自分も速く返信しなければと気持ちが焦る時はありませんか。反対に相手も同じペースだと安心できますね。

気になる人とのLINEも、相手の返信のテンポに合わせてみると良いでしょう。お互いプレッシャーを感じる事無く、やりとりのテンポが同じことで心理的にも親しみを感じやすくなります。試してみて下さい。