LINEが既読にならない!ブロック以外に考えられる理由とは?確認方法も紹介

送ったLINEが既読にならないと、相手が恋人であれ友人であれ、心配になりますよね。

もしこのまま連絡が来なくなってしまったら・・・。

その相手が好きな人であれば、連絡がこのままなくなってしまうのは避けたいですよね。

ブロックされている以外の理由で、LINEが既読にならない状況とは、どんな場合があるのでしょうか。

今回は様々な場面や状況を紹介するので、あなたがどのパターンに当てはまるのか確認しながら、今後の参考にしてみてくださいね。

本記事はプロモーションが含まれています
本記事を経由してサービスの利用があった場合、掲載企業から紹介手数料を受け取ることがあります。ただし、紹介手数料の有無が本記事の内容や順位に影響を与えることはありません。コンテンツ内容に関しては、株式会社Life Storiesが独自で制作したものです。(コンテンツ編集ポリシー)
【PR】GLP-1最安値はクリニックフォア

内服薬(税込) リベルサス3mg:7,028円〜
※クーポン利用、定期配送プラン
注射薬(税込) オゼンピック2mg:13,365円〜
※クーポン利用、3本セットプラン
診療時間 24時間対応
配送料 550円
  • リベルサス、オゼンピックが最安値
  • オンライン診療で便利
  • 最短翌日配送が可能
  • 定期配送で継続治療できる
  • GLP-1内服薬と注射薬に対応
スポンサーリンク

LINEが既読にならない!ブロック以外に考えられる理由って?

ブロック以外でLINEが既読にならない理由とは、どんなものがあるのでしょうか?

いわゆる、未読無視の状態ですね。

さまざまな場面での理由を紹介するので、相手の状況と照らし合わせてみましょう。

相手の状況が理由の場合

まずは相手側の状況が理由で、既読にならない場合です。

あなたの行動やあなたへの感情がまったく関係ないことが理由になります。

では、そんな相手の状況を3つ紹介します。

忙しくてスマホを見る暇がない

相手の今の環境が忙しい状態にあり、スマホを見る暇がないのが理由のこともあります。

仕事や学業など、なにか忙しい状況になっているのであれば、LINEが来ていること自体に気付いてないのです。

この場合は、忙しい状況が緩和されればあなたのLINEに気付いた時に返信が来るでしょう。

トークリストに埋もれて気付いていない

相手のLINEの中で、あなたのトークリストが埋もれてしまって、気付いていないこともあります。

LINEでの連絡が多い人だと、少しの間に多数の人からLINEが来れば、あなたのLINEのトークが下の方に行ってしまい、気付けていないかもしれません。

特にお店のLINEを追加している人は、広告が多く入り、トークリストがよく入れ替わってしまうことも。

既読にならないのは、故意ではないので少し時間を置いて改めてLINEをするといいでしょう。

病気やケガ、スマホの紛失といった事情がある

相手が病気やケガ、もしくはスマホの紛失などスマホを確認することの出来ないほどの事情があることも。

病気やケガの場合には、なかなかスマホを確認することが出来ませんし、LINEが来ていることに気付いていても、きつくて放置していることもあります。

またスマホを紛失している場合は、見つかるまでは連絡がつなかないでしょう。

しかし、どちらの場合も治るなり、見つかるなりすれば、連絡は来るので未読にならないことを心配する必要はありません。

物理的な理由の場合

既読にならない理由の中には、物理的な理由もあります。

あなたからのLINEを相手の故意でなく、見ることが出来ていないような状況です。

そんな物理的な状況を2つ紹介します。

スマホやLINEアプリの不具合

物理的な理由として、スマホやLINEの不具合が最も多い理由の一つです。

どんなに進化したスマホやアプリでも不具合というのは、一定数出るものです。

LINEを送信したのに相手に通知されない、既読して返信したのにあなたに届いていないなど、さまざまな不具合が考えられます。

スマホやLINEの不具合の場合には、アップデートや再起動で大半は解決されることはほとんど。

相手が不具合に気付いたら、不具合を解決し次第また連絡が来るでしょう。

相手の機種変更のタイミングと重なった

相手が機種変更のタイミングであなたがLINEをしていたら、LINEに気付くのが遅くなってしまいます。

機種変更はさまざまなアプリの引継ぎをして、通常の状態にしなければなりません。

この引継ぎ作業は、意外と時間がかかることもあるので、あなたのLINEが未読のままになっている可能性があります。

近々、機種変更をすると話を聞いたことがあれば、少し様子を見て返信を待ってみましょう。

操作的な理由の場合

次はLINEの操作的な理由で、既読にならない状況です。

相手が何かしらの操作をして、あなたのLINEが既読にならないこともあります。

どんな操作的な理由があるのか2つ紹介します。

誤ってトークルームを削除してしまっている

LINEの操作を誤って、あなたとのトークルームを削除してしまった理由が考えられます。

未読のままトークルームを削除してしまうと、あなたの送ったLINEの内容を確認することが出来ません。

また相手が気付かないうちに削除してしまった場合には、未読LINEがあったことにすら気付かないでしょう。

この場合は、仕方ないですが、返信が来ることはありません。

既読をつけない方法で内容を確認している

中には既読を付けない方法で、あなたからのLINEを内容を確認している人もいます。

ロック画面のポップアップで確認し、返信しにくい内容やまだ後ででいいと相手が思った場合、既読にせずに放置していることも。

送った内容が急用でなければ、少し時間を置いて返信が来るのを待ちましょう。

相手の心理的な理由の場合

最後に相手の心理的な理由で、既読にならない状況です。

心理的な理由なので、相手は故意に既読にならないようにしています。

理由としては2つあるので、見ていきましょう。

返信できないからあえて既読をつけていない

今は返信出来ない状況だからと、LINEが来ていることに気付いていながら、あえて既読を付けないことがあります。

こういった人は、既読を付けてしまうと心理的に「早く返信しなきゃ!」と思ってしまうタイプで律儀な人が多く、既読スルーを嫌います。

だからこそ、まだLINEに気付いてないと思わせるために、故意に未読のままなのです。

この場合は、返信が出来る時間が確保されれば、返信はいづれ来るでしょう。

駆け引きとして未読スルーしている

恋愛の駆け引きとしてわざと未読スルーしていることも。

未読のままでいることで、あなたの気を引こうとしているのです。

既読にならなければ「何しているのかな?」「忙しいのかな?」など相手のことを考えてしまいますよね。

これが狙いです。

相手もあなたのことが気になっていて、恋愛の駆け引きをしているので、関係を発展させるためには、あなたが追うと一気に恋愛関係に進んでいくでしょう。

LINEがブロックされているかどうかの確認方法

では次に、LINEがブロックをされているかどうかの確認方法を紹介します。

ブロックをしているか、確認していることが相手に一番バレないのがスタンプ、もしくは着せ替えのプレゼントを送ることです。

スタンプを相手にプレゼントして「○○はこのアイテムを持っているためプレゼントできません」と表示された場合、ブロックされている可能性があります。

中には本当にスタンプを持っていることもあるので、絶対に持ってなさそうなスタンプを選んだり、複数回送ると確実にブロックされているかがわかります。

本当に課金することなく確認することが出来る上、相手に確認したことがバレることもありません。

なかなか既読にならなずに心配になった時には、試してみるといいかもしれませんね。

いつまで待っても既読にならないときはどうしたらいい?

いつまでも既読にならないと、いろいろ考えて不安になってしまいますよね。

さらにLINEを送っていいのか、このまま既読になるのを待った方がいいのか。

いつまで待っても既読にならない時どうしたらいいのかを紹介します。

スマホやアプリに問題がないか確かめる

まずは、スマホを再起動したり、アプリのアップデートの情報を確認しましょう。

スマホの不具合の場合、再起動で改善されることが多くあります。

アプリはアップデートが自動でされていないこともあるので、アプリストアで確認してされていなければ、アップデートしましょう。

不具合で未読のままになっていた場合、上記の方法で解決します。

他の話題でメッセージを送る

改めて全く違う他の話題でLINEしてみましょう。

同じ話題で飽きたか、返信はもういいかなと未読のまま放置していた場合、違う話題だと既読になり返信が来ることも。

男性は同じ話題をずっとしていると、特に悪気なく「もう返信はいっか」と返信を未読のままにすることがあるのです。

違う話題を振るとしても、暗い内容ではなく、明るいフランクな返信のしやすい内容にしましょうね。

体調を気遣うメッセージを送る

既読にならない時には、改めて体調を気遣うLINEをしてみましょう。

既読にならないことを責めるのではなく、体調の心配をしている内容を送るのが大事。

未読のままの理由を探っているように感じさせてはいけません。

「返事は時間のある時で大丈夫だからね」と返信も催促しない内容にすると印象もよく、相手も返信しやすくなります。

既読がつかないからといってこんな行動はNG!

未読のままで不安だからといって、してはいけない行動もあります。

既読になってほしくてLINEをしても、NG行動であれば未読無視が続いたり、既読スルーになることも。

不安な気持ちは抑えて、NG行動だけは避けましょう。

では最後に既読にならないからといって、してはいけないNG行動を紹介します。

何度もメッセージを送る

既読にならないからといって、何度もメッセージを送るのは絶対にしてはいけません。

「どうしたの?」「何かあった?」など連投してしまうと、相手は引いてしまい、そのまま連絡が取れなくなることも。

もし、未読のままで次のメッセージを送る場合には1回だけ。

それ以上はひたすら返信を待つようにしましょう。

感情的に相手を責める

LINEが既読にならないことに対して、相手を感情的に責めてはいけません。

男性は、女性が感情的になるのを嫌う傾向にあります。

「LINEを未読無視するなんてひどい!!」などの言葉を言われては、男性はげんなりしてしまい、今後の付き合いもなくなっていくことも。

一方的な気持ちで、相手を責めないようにしましょうね。

まとめ

今回は、「LINEが既読にならない時のブロック以外の方法」についてお話してきました。

既読にならないブロック以外の理由は、

  • 相手の状況が理由(忙しくてスマホを見る時間がない・トークリストに埋もれて気付いていない・病気やケガ、スマホの紛失)
  • 物理的な理由(スマホやアプリの不具合・相手の機種変更のタイミングと重なった)
  • 操作的な理由(誤ってトークリストを削除した・既読を付けない方法で内容を確認している)
  • 相手の心理的な理由(返信できないからあえて既読を付けない・駆け引きをしている)

など理由が様々です。

相手がどんな状況なのか、よく見極めてどれに当てはまるのかで、今後の対応を考えるようにしましょうね。