元彼に「嫌いになったわけじゃないけど疲れた」と振られたが復縁できる?

「嫌いになったわけじゃないけど疲れた」そう言って振られた場合、はっきりとした原因が分からなくてもどかしい気持ちになりますよね。

それと同時に、嫌われたわけじゃないならもしかして復縁できるのではないかという期待も出てきてしまいます。

振られる側を傷つけない優しい言葉のように思えて、淡い期待を抱いてしまう曖昧な言葉でもありますよね…。

今回は「嫌いになったわけじゃないけど疲れた」と言って振られた場合復縁を期待できるのかについて紹介します。

本記事はプロモーションが含まれています
本記事を経由してサービスの利用があった場合、掲載企業から紹介手数料を受け取ることがあります。ただし、紹介手数料の有無が本記事の内容や順位に影響を与えることはありません。コンテンツ内容に関しては、株式会社Life Storiesが独自で制作したものです。(コンテンツ編集ポリシー)
【PR】GLP-1最安値はクリニックフォア

内服薬(税込) リベルサス3mg:7,028円〜
※クーポン利用、定期配送プラン
注射薬(税込) オゼンピック2mg:13,365円〜
※クーポン利用、3本セットプラン
診療時間 24時間対応
配送料 550円
  • リベルサス、オゼンピックが最安値
  • オンライン診療で便利
  • 最短翌日配送が可能
  • 定期配送で継続治療できる
  • GLP-1内服薬と注射薬に対応
スポンサーリンク

「嫌いになったわけじゃないけど疲れた」と振られたら復縁できる?

嫌われていないなら復縁できるかな…そんな期待を持ってしまうのは当然のことです。

復縁できるかどうかは「嫌いになったわけじゃないけど疲れた」その言葉が本心かどうかによって変わってきます。相手のあなたへの気持ち次第と言えるでしょう。

ここでは「嫌いになったわけじゃないけど疲れた」と振られたら復縁できるのかを紹介します。

相手に気持ちが残っていれば復縁は可能!

もしも相手に少しでも気持ちが残っていれば復縁は可能でしょう。

本当にただ恋人同士という関係に疲れてしまっただけなら、彼には今一人の時間が必要なだけ。

まだあなたに対して好きな気持ちがあるけれど、あなたのことを一番に考えてあげることができない…疲れていてあなたのために何もしてあげることができない…。だから別れを告げたと言えますよね。

この場合は復縁の望みはゼロではありません。

「嫌いになったわけじゃない」が本音じゃないなら復縁はむずかしいことも

「嫌いになったわけじゃない」が本音じゃないなら復縁はむずかしいこともあります。

別れの本当の理由をうやむやにするために、嫌いになったわけではないという言葉を選んでいるだけ。

別れの原因を伝えることもなく、なるべく穏便に終わらせたいという気持ちが表れていますよね。

残念ですが別れたい本当の理由が他にあるとするなら、復縁の可能性はあまりないといえるでしょう。

「嫌いになったわけじゃないけど疲れた」という彼の心理って?

嫌いになったわけじゃない…優しい別れの言葉のようにも感じますが、なんだか言われた方はモヤモヤした気持ちにもなりますよね。

あなたを思って言った場合、または自分の保身のために言ったケースもあります。

ここでは「嫌いになったわけじゃないけど疲れた」という彼の心理を紹介します。

あなたを傷つけたくない

あなたを傷つけたくない、彼なりの優しさなのかもしれません。

何か別れたい理由が他にあるけれど、それをはっきりと告げることであなたを傷つけてしまうと思っているのでしょう。

原因があなたにあるわけではない、そう感じさせてくれる言い回しではありますよね。

彼なりの優しさであることは間違いありません。

自分が悪者になりたくない

自分が悪者になりたくない場合もあります。

別れを切り出すほうも辛いもの。罪悪感を少しでもやわらげるためにあなたにダメージが少なそうな言葉を選んでいるのかもしれません。

だけど、「疲れた」と言うことで原因は自分にあることを棚に上げている感じも受けますよね。別れ際にいざこざを回避したい気持ちもわかりますが、なんだかズルい気もしますよね…。

完全に他人になりたいわけではない

別れても完全に他人になりたいわけではないのかもしれません。

この場合は別れても友達のような関係で居たいと思っているのでしょう。

とくに付き合いが長いカップルであれば別れてからも良い関係でいたいと思う人は少なくないです。

キッパリと縁を切ってしまって孤独になるのも怖い…そんな気持ちもあるのかもしれません。

嫌いになったわけじゃないのにどうして別れようとするの?

そもそもなぜ嫌いになったわけじゃないのに別れようとするのか?

あなたのことを人として嫌いになったわけではないけれど、恋人としての特別な感情がワケあって無くなってしまったのかもしれません。

ここでは嫌いになったわけじゃないのにどうして別れようとするのか、その心理を紹介します。

恋愛そのものに興味がなくなってしまった

恋愛そのものに興味がなくなってしまった可能性があります。

仕事や趣味など、ほかに打ち込んでいるものがある場合に多いです。

男性はあれこれ同時進行するのが苦手なものです。忙しい日々を送る中で、恋愛が自分の興味からいつの間にか外れてしまったのかもしれません。

異性として好きではなくなってしまった

異性として好きではなくなってしまったのかもしれません。

付き合っていく中で、あなたを友達のように思う気持ちのほうが強くなってしまったのかもしれません。

友達のように仲の良いカップルは素敵なものですが、友情の気持ちがあまりに大きくなると恋人関係で居る必要は無くなってしまいます。

あなた以上に好きな人ができてしまった

ショックなことですが、あなた以上に好きな人ができてしまったのかもしれません。

他に好きな人ができた…この真実を告げるのはかなり勇気がいるのではないでしょうか。そして言われたら「知りたくなかった」と大抵の人は思うでしょう。

相手の気持ちを考えると、あえて本当の理由をはっきりと言わず「嫌いになったわけじゃない」と別れを告げることが適切なようにも思えてしまいますよね。

「嫌いになったわけじゃないけど疲れた」と言われがちなのはこんなタイプ

自分では気づいていないうちに、彼氏を疲れさせる行動をとってしまっているかもしれません。

彼が重いと感じたり、振り回されていると思う行動をとりがちなタイプの人は注意が必要です。

ここでは「嫌いになったわけじゃないけど疲れた」と言われがちなタイプを紹介します。

彼に尽くしすぎる

彼に尽くしすぎるタイプは、実は彼にとって重荷になりがち。

彼のために何かしてあげたい…彼を喜ばせたい…。そう思って行動すること自体は良いことですよね。

しかし、やりすぎると大抵の男性にとっては重荷になります。

そっとしておいてほしい時にグイグイ尽くしたいアピールをするとかえって彼を困らせる結果になりますよね。

そんなことが積み重なるとやっぱり疲れてしまうものです。

恋愛が生活の中心になっている

恋愛が生活の中心になっているタイプの人は、注意が必要です。

四六時中彼のことを考えていて、連絡が来ないと居ても立ってもいられない。何度もLINEや電話をしてしまう。

そんなタイプは彼をうんざりさせてしまうことがあるでしょう。

彼が仕事などで忙しい毎日を送っている時に、連絡や会うことを強要してしまうと、彼に理解が無いと思われても仕方ないですよね。

彼がいるのに自由に振る舞いすぎている

彼が居るのに自由に振る舞い過ぎているタイプも彼を疲れさせてしまいがち。

特に男性との交友関係が自由過ぎるタイプは、彼を不安にさせてしまいます。

男友達が居ること自体は悪くないことですが、彼氏が居るのに男友達との交流が多すぎるのは彼氏からすると理解は難しいでしょう。

多少のヤキモチはちょっとしたスパイスになりますが、彼を心配させるほど自由に振る舞い過ぎるのは別れの原因になってしまいます。

「嫌いになったわけじゃないけど疲れた」と言われた彼と復縁したい時のポイント

復縁したいからといって彼に積極的にアピールするのは逆効果。

彼とほどよい距離をとりながら、自分を見つめなおすことが大切です。

ここでは「嫌いになったわけじゃないけど疲れた」と言われた彼と復縁したい時のポイントを紹介します。

別れた理由を突き止めて改善する

別れた理由を突き止め、改善する努力をしましょう。

別れるに至ったのは必ず何かの原因があるもの。知らず知らずあなたがその原因を作ってしまっている場合もあります。

付き合っていた時の自分の行動や言動を一度振り返ってみてください。

あなたの欠点をはっきりと教えてくれる友達に聞いてみるのも良いでしょう。

原因が少しでも分かったなら改善するよう努力しましょう。

ほどよい距離感を保つ

ガツガツするのは逆効果。ほどよい距離感を保ちましょう。

彼と復縁したい気持ちでいっぱいで頻繁に連絡してしまいがちですが、それではダメです。

別れてからも彼を疲れさせてしまうはめになります。これでは復縁どころか、嫌われて縁を切られてしまう可能性も…。

まずは気持ちを落ち着かせて冷静になり、思いやりを持てる距離感を保ちましょう。

相手が落ち込んでいる時にさりげなく気遣うようにする

相手が落ち込んでいる時にさりげなく気遣いをみせると、彼の気持ちが動くかもしれません。

落ち込んでいる時に励ましてくれたりそばに居てくれる相手には、安心感を感じて親しみが増すものです。

「やっぱり居てくれると落ち着く」そんなふうに彼は思い、復縁を考える可能性が上がるでしょう。

基本的には相手からのアクションを待つ

基本的には相手からのアクションを待つことが大切です。

もどかしいかもしれませんが、「疲れた」という理由で振られたのですから、あなたが本当に復縁を望んでいるのなら待つことが大切。

彼の気持ちを尊重しましょう。そうすることで彼も理解してくれていると感じ、何気なく連絡してくる可能性が高くなります。

まとめ

今回は元彼に「嫌いになったわけじゃないけど疲れた」と言って振られた場合、復縁できるのかを紹介しました。

相手に気持ちが残っていれば復縁は可能です。ですが、「嫌いになったわけじゃない」が本音じゃないなら復縁はむずかしいこともあります…。

「嫌いになったわけじゃないけど疲れた」と言って別れる彼の心理は、あなたを傷つけたくない優しさの場合や、自分が悪者になりたくないという気持ちがある場合も。

嫌いになったわけじゃないのになぜ別れようとするのか。忙しくて恋愛の優先順位が下がってしまった場合や、悲しいですがあなた以上に好きな人ができてしまった可能性もあります。

恋愛が生活の中心になってしまっている人や、自由に振る舞い過ぎて彼の気持ちを振り回してしまいがちな人は彼を疲れさせてしまいがち。別れの原因になってしまう危険性があります。

あなたが復縁を望むのなら、彼とは程よい距離感をとりながら相手を気遣うことが重要。疲れさせてしまった原因が改善できるなら、頑張って自分磨きをすることも大切です!