妊娠中の脱毛をおすすめしない理由は?脱毛再開のタイミングや注意点は?

女性のライフスタイルの中でも大きな変化をもたらすのは結婚・妊娠・出産です。

中でも、妊娠・出産は今後の人生を左右する大きなイベントであることは間違いありません。

でもお母さんも女性なのですから、妊娠中も美容はしっかりとしたいですよね。

脱毛もその1つなのではないでしょうか。

ですが、サロンのホームページなどを見てみると、「妊娠中はご遠慮ください」ということが書かれています。

なぜ妊娠中は脱毛をやめたほうがいいのでしょうか?

また出産後はいつからまた脱毛を再開してもいいのでしょうか?

今回の記事では、妊娠中の脱毛に関する内容を解説していきます。

本記事はプロモーションが含まれています
本記事を経由してサービスの利用があった場合、掲載企業から紹介手数料を受け取ることがあります。ただし、紹介手数料の有無が本記事の内容や順位に影響を与えることはありません。コンテンツ内容に関しては、株式会社Life Storiesが独自で制作したものです。(コンテンツ編集ポリシー)
人気のある美容医療サービス

・エリシスセンス:MYビューティクリニック

・スキンケア内服薬:eLife(イーライフ)

・医療ダイエット:エミナルクリニック

・切らない二重整形:湘南美容クリニック

スポンサーリンク

妊娠中は脱毛をあまり進めない理由は?

妊娠中はあまり脱毛効果がない

なぜ妊娠中は脱毛ができないのでしょうか?

妊娠中はホルモンバランスが大きく乱れます。

そのため、毛周期にも影響が出てしまい、通常と同じ周期ではなくなってしまいます。

また、毛が多くなる傾向にあるため、脱毛してもあまり意味がないのです。

妊娠していなかったらどんどん少なくなっているはずなのに、逆に増えてしまったということもあるのです。

せっかくお金を払っているのですから、しっかり効果を出したいですね。

肌トラブルになりやすい

妊娠中は、常に肌トラブルと隣り合わせです。

肌荒れやニキビも起こりやすくなりますし、化粧品が合わなくなるほど敏感になることもあります。

例えば医療脱毛をしていて肌トラブルが起きてしまい、薬を処方されたとしても、妊娠中は使えない皮膚の薬もあるのです。

肌トラブルのリスクはできるだけ少ない状態で脱毛するには、妊娠中は避けたほうがよいということです。

妊娠に気づかず施術を受けても問題はない

実際、妊娠していても脱毛をするのは問題ありません。

脱毛機が働きかけるのはあくまでメラニンやバルジ領域です。

そのため赤ちゃんには影響はないのです。

ですが、肌トラブルや毛周期はもちろん、お腹が大きくなると仰向けが苦しくなってきたり同じ姿勢が取りづらかったりします。

血行が悪くなり、そのことで赤ちゃんに影響が出ることもあります。

そのようなことも考えて、脱毛はやめたほうがいいということなのです。

いつから脱毛を再開していい?

授乳がおわり生理が2~3回きたら再開できる

一般的には、授乳が終わって、生理が2~3回来たらというようになっています。

その理由は、授乳中もホルモンバランスが安定しないからです。

妊娠中とは違い、髪の毛がたくさん抜けるなどの変化が現れます。

また、授乳中でも生理が来る人がいますが、日数がバラバラであることが多いため、授乳をやめてから生理周期が安定するまで待ったほうがいいでしょう。

元の体に戻るまで時間がかかりますが、脱毛が再開できるまで待ちましょう。

自己処理はOK

妊娠中は脱毛をすることはできませんが、自己処理はすることができます。

ですが、やはり肌荒れなどのトラブルが起こる確率が高いため、注意が必要です。

体調の良くない日に無理して行うより、いい日を見て行ったほうが、肌荒れなどが起こる確率が下がりますし、お腹が張るなどの自分のリスクを上げることにもなりません。

無理しないように行うのが1番大切です。

妊娠を望む人の注意点は?

契約前に、妊娠した場合の休会制度の有無を確認する

まずは、契約を考えているサロン・クリニックに、休会の制度があるのかどうかを確認しましょう。

妊娠でお休みする場合、授乳期間も含めると1年以上は脱毛をお休みすることになります。

長期間になるため、休会することができるかどうか、しっかり確認しましょう。

カウンセリングのときに、スタッフに聞いてみてもいいですね。

コースの有効期限があるかどうかを確認する

もし休会制度があったとしても、契約しているコースの有効期限をオーバーしてしまうと、続けて脱毛ができなくなってしまいます。

続けて妊娠することを考えると、有効期限内に再開できない可能性だってあるのです。

脱毛をお休みする期間と、自分の家族計画を照らし合わせて、安心して脱毛できるところで脱毛したいですね。

妊娠中のムダ毛処理は?

電気シェーバーなど肌に負担が少ないものでケア

妊娠中でも、ムダ毛処理は行いたいものです。

どのように行えばいいのでしょうか?

肌が敏感になっている時期なので、カミソリでの自己処理はやめましょう。

妊娠前よりもカミソリ負けが酷くなることがあります。

おすすめはフェイス用電気シェーバーでのムダ毛処理です。

フェイス用なら肌に優しくできているので安心して処理ができます。

また、処理をしたあとは保湿を忘れないようにしましょう。

妊娠前に脱毛をするのがおすすめ

脱毛をするのなら、妊娠前に完了させておくのが1番おすすめです。

完了してから妊娠すれば、脱毛をお休みすることは考えずに済みますし、妊娠を前提にサロン選びをする必要もありません。

それに、もし産後に脱毛を続けることになったとしても、子供が産まれると通う時間がないことがほとんどです。

子供の預け先がないと尚更です。

妊娠前に完了できるなら完了してしまうのが、1番負担にならずに済みます。

妊娠しても安心の制度があるクリニックやサロンは?

エミナルクリニック

安価で、医師のサポートもしっかり受けられるエミナルクリニックの契約期間は、5回の全身脱毛のプランが1年間、10回のプランが2年間となっています。

通常は延長できませんが、妊娠・出産では有効期限を無料で延長できます。

産後も、医師のサポートのもとで全身脱毛でキレイになりたいですね。

 

フレイアクリニック

安い価格で痛くない医療脱毛ができるフレイアクリニックでは、妊娠した場合に契約期間延長が可能です。

脱毛の契約期間中に妊娠したことがわかったら、すぐにクリニックに連絡して期間延長をお願いしましょう。

また、最短8ヶ月で脱毛完了するので妊娠前に急いで脱毛完了したいという人にもおすすめです。

 

湘南美容クリニック

脱毛以外でも有名な湘南美容クリニックは、なんと脱毛コースに契約期限がありません。

何かとばたばたしがちな産後でも、通いたいタイミングで再開することができるのです。

妊娠・出産以外でも契約期限がないので、仕事が忙しいときでも安心です。

 

まとめ

子供は授かりものですから、いつ授かっても嬉しいものです。

でも、人生が大きく変わるほど子育ては大変です。

美容の時間もあまり取れなくなってしまいます。

妊娠前に、産後までお休みできる脱毛クリニックやサロンを見つけておくと、出産後も安心して通うことができます。

キレイな肌のママを目指しましょう!