元彼と会うけど友達としてならOK?注意点や純粋な友達になれるコツは?

別れた恋人とそのまま縁を切る人もいれば、別れて友達になる人もいると思います。

しかし、一度は恋人関係だった男性と、純粋な友達になることは出来るのでしょうか。

中には元彼としての意識はなく、本当の友達になれるという人もいるでしょう。

友達になっていれば、元彼と会うのはありなのか、悩むこともあると思います。

今回は、元彼と会うけど友達としてならOKなのかどうかについて紹介します。

本記事はプロモーションが含まれています
本記事を経由してサービスの利用があった場合、掲載企業から紹介手数料を受け取ることがあります。ただし、紹介手数料の有無が本記事の内容や順位に影響を与えることはありません。コンテンツ内容に関しては、LifeStoriesが独自で制作したものです。(コンテンツ編集ポリシー)

元彼と会うけど友達としてならOK?

元彼だけど、友達としてなら会うのはいいのでしょうか。

元彼との今の関係がどんなものかによって、会うべきかどうかは変わってきます。

まずは、元彼と会うけど友達としてならOKなのかを紹介します。

お互い友達と思っているならOK

お互いが友達と思っているのであれば、会うのはOKです。

別れてからわだかまりもなく、ただの友達として付き合っていけるのであれば、純粋な友達として今後も関係を続けて大丈夫。

付き合っていたけど、友達としてのほうが気軽に一緒に過ごせたと感じて別れた場合などは、お互いが友達と認識して会うことが出来るでしょう。

別れて時間が経っているならOK

別れてから時間が経っているのであれば、会っても問題ないでしょう。

学生時代に付き合っていたけど別れて、大人になって再会した場合、付き合っていた頃をいい思い出として、今後は友達になれるはず。

別れて時間が経っていれば、大抵のことはいい思い出になっているので、元彼として意識することなく、友達関係になることが出来るでしょう。

恋人がいるなら聞いてから会う

あなたに恋人がいる場合には、恋人に「元彼と会ってもいいか」を聞いてから会うようにしましょう。

どんなにあなたが元彼を友達として認識していたとしても、今の彼からすると「元彼」なのです。

あなたが一度は愛した男性に会いに行くことを、よく思わない男性もいるはず。

今の彼が元彼に会うことをどう思うのかを確認して、もし「嫌だ」と言われたら、会うのは控えるようにしましょう。

どちらかに未練があるなら控えた方がいいかも

もしどちらかに未練があるのであれば、会うのは控えたほうがいいでしょう。

またよりを戻したいと思って会ってしまえば、友達関係ではいられません。

復縁を二人が望んでいるのであれば問題ありませんが、もし相手が復縁したいと思っていれば、会うことで相手を期待させてしまいます。

どちらかが未練がある場合には、友達として会うことで、よりつらい思いをする可能性があるので、会うのは控えるようにしましょう。

元彼と会う時に気をつけることは?

元彼と会うときには、どんなことに気を付ければいいのでしょうか。

元彼と友達関係でいたいのであれば、注意しなければならないこともあるのです。

では次に、元彼と会う時に気をつけることを紹介します。

体の関係を持たないようにする

元彼と会っても、体の関係は持たないようにしましょう。

元彼と友達関係を続けていたいのであれば、お互い一定の距離感を保つことが大事です。

一度、恋人同士だったからこそ、距離感が近くなってしまうことがあります。

過度なスキンシップや家に行くなど、体の関係に繋がりそうなことは控えて、友達としての距離感を保つようにしましょう。

別れた原因の話をしない

友達に戻ったとしても、別れた原因の話はしないようにしましょう。

始めは笑い話として当時の別れた時の話をしていたとしても、話が食い違って揉める原因になることも。

また、別れた原因を話すことで当時が恋しくなって、元彼に未練がある感覚に陥ることもあります。

元彼と友達でいたいのであれば、過去の話はせずに、友達と話すような明るい話題を振るようにしましょう。

相手に恋人がいるなら会うのを控える

元彼に恋人がいるなら、会うのは控えましょう。

元彼に恋人が出来るまで友達として会っていたとしても、恋人が出来れば会うのは控えて、恋人の気持ちを優先してあげることが大事。

お互いがどんなに友達だと思っていたとしても、今の恋人もそう感じるとは限りません。

元彼にも今の彼女を大事にするためにも会うのは控えようと伝えて会わないようにしましょう。

元彼と友達でいられるコツは?

元彼と過去のわだかまりなく友達でいるには、どうすればいいのでしょうか。

元彼との関係には気をつけておかないと、友達でいられなくなることも。

次に、元彼と友達でいられるコツを紹介します。

元彼の恋愛相談にのる

元彼の恋愛相談にのるようにしましょう。

元彼の恋愛相談にのることでお互いを異性として意識しなくなり、友達としてうまく付き合っていくことが出来るのです。

また元彼の恋愛を応援することで、相手に異性として見ていないことを示すことが出来ます。

元彼と友達でいるには、お互いが異性として意識しないようにすることが大事になるでしょう。

毎日連絡を取り合わない

元彼と友達になったとしても、毎日連絡を取り合うのはやめましょう。

つい居心地のよさから頻繁に連絡を取ってしまうこともあるかもしれませんが、元彼に依存してはいけません。

元彼と毎日連絡を取ることで、お互いが新しい出会いを逃してしまう可能性もあります。

元彼と友達でいるのであれば、毎日連絡を取るのはやめて、遊ぶ約束をするときくらいにしましょう。

復縁を望まない

元彼に復縁を望まないようにしましょう。

あなたが復縁を望んでしまうと、お互い友達として過ごすことは難しくなります。

復縁をしたいのであれば、友達関係にはならずに自分の気持ちを伝えてしまうのが一番です。

復縁したいけど気持ちを伝えられずに、そばにいたいからと友達のふりをしていては、あなたが辛い思いをするだけになります。

元彼と復縁したいと思っている間は、友達として会うのはやめておくようにしましょう。

元彼と会わないほうがいいケースは?

元彼と友達関係になれるとしても、元彼とは会わないほうがいいケースもあります。

元恋人同士は、簡単に友達同士になれるものではないのです。

次に、元彼と会わないほうがいいケースを紹介します。

恋人が嫌がる

恋人が元彼と会うのを嫌がる場合には、会うのはやめましょう。

元彼と会うのを嫌がる恋人もいるはずです。

元彼だけど、もう友達と思っていたとしても、恋人はどうしてもやきもちを焼いてしまいます。

元彼と友達関係を築くよりも、今の恋人を大事にするようにしましょう。

別れた直後

別れた直後は、元彼と会うのはやめておきましょう。

別れた直後は、どんな別れ方をしたとしても、お互いにまだ「恋人」という意識が抜けきれないものです。

必要以上に相手に執着してしまったり、嫉妬をしてしまうこともあります。

元彼と友達になるには、別れてから少し期間をおいて、お互いの気持ちの整理がついてからにしましょう。

体の関係を持ってしまった

別れた後に体の関係を持ってしまった場合には、元彼と会うのをやめたほうがいいでしょう。

体の関係を持ってしまうと、純粋な友達関係になることが出来ません。

元彼の都合のいい女になってしまい、体の関係だけがダラダラと続いてしまうことになります。

一度でも別れた後に体の関係を持ってしまった場合には、会うのはやめたほうがいいでしょう。

まだ元彼のことが好き

あなたがまだ元彼のことが好きであれば、会うのはやめておきましょう。

復縁するために元彼に会うのであればいいのですが、まだ好きな気持ちを持ったまま元彼と友達になろうとすれば、あなたがつらいだけです。

友達のふりをして元彼の隣にいることで、元彼の新しい恋人を目の当たりにすることもあるでしょう。

あなた自身も元彼を好きなまま会っていることで、新しい出会いを逃してしまうかもしれません。

元彼が好きであれば、復縁出来るようにがんばるか・忘れるかのどちらかにしましょう。

元彼とは適度な距離感でいることが大事!

元彼とは、友達になったとしても、適度な距離感を保って付き合うようにしましょう。

お互い一度は愛した恋人であれば、距離感を間違えてしまうと、周りに誤解を与えてしまうこともあります。

お互いが友達だと認識していたとしても、今の恋人に誤解を与えてしまうかもしれません。

また、元彼にばかり頼ってしまうと、恋人ではないのに依存してしまうこともあります。

元彼と友達として会うのは、悪いことではありませんが、今はもう恋人ではないことを理解して、適度な距離感を保つようにしましょう。

まとめ

今回は「元彼と会うけど友達としてならOKかどうか」についてお話してきました。

元彼と会うのは

  • お互い友達としてならOK
  • 別れて時間が経っているならOK
  • 恋人がいるなら聞いてから会う
  • どちらかに未練があるならなし

のいずれかです。

過去に付き合っていたとしても、付き合っていた時のことをまずはいい思い出にしましょう。

いい思い出になってお互いが友達と思えるなら、元彼とも友情を持つことは出来ます。

しかし、元彼である以上は、今の恋人や今の自分の気持ちにも配慮して、元彼とどんな友達関係を築くかが大事になるのです。

お互い付き合っていた頃とは環境も状況も変わっているはず。

元彼とは適度な距離感を保って、いい友達関係を築いていきましょう。