【冬の光熱費節約術】暖房器具を使わずに冬を越す方法5選!注意点も解説

「冬の光熱費が高すぎる……」

「暖房器具を使わずに冬を越すことってできるのかな?」

このような悩みを抱えている方はいませんか?

冬は光熱費がぐんと高くなるため、できるだけ暖房器具を使いたくないという方は多いですよね。

特に一人暮らしの場合は光熱費を抑えたいと考える方が多いでしょう。

この記事では暖房器具を使わずに冬を越す方法をご紹介します。

冬の光熱費に悩んでいる方は、ぜひチェックしてくださいね!

本記事はプロモーションが含まれています
本記事を経由してサービスの利用があった場合、掲載企業から紹介手数料を受け取ることがあります。ただし、紹介手数料の有無が本記事の内容や順位に影響を与えることはありません。コンテンツ内容に関しては、株式会社Life Storiesが独自で制作したものです。(コンテンツ編集ポリシー)
【PR】GLP-1最安値はクリニックフォア

内服薬(税込) リベルサス3mg:7,028円〜
※クーポン利用、定期配送プラン
注射薬(税込) オゼンピック2mg:13,365円〜
※クーポン利用、3本セットプラン
診療時間 24時間対応
配送料 550円
  • リベルサス、オゼンピックが最安値
  • オンライン診療で便利
  • 最短翌日配送が可能
  • 定期配送で継続治療できる
  • GLP-1内服薬と注射薬に対応
スポンサーリンク

暖房器具を使わずに冬を越すことって可能?

暖房器具を使わずに冬を越すことは、地域によっては可能です。

冬の気温が凍死してしまうほどに寒い地域では暖房を使わないことは命取りになってしまいます。

しかし、地域によっては暖房器具をほとんど使用せず、冬を越すことが可能です。

筆者は関西在住ですが、一人暮らしをしていた時期は暖房器具を使用せずに冬を越した経験があります。

冬の光熱費に頭を抱えている方は、できるだけ暖房器具を使わない方法を身につけておくことがおすすめです!

暖房器具を使わずに冬を越す方法5選

ここからは早速、暖房器具を使わずに冬を越す方法をご紹介します。

ここで取り上げている方法は以下の5つです。

  1. 家の中でも防寒具を身につける
  2. カーテンにこだわる
  3. カーペットと床の間にアルミシートを敷く
  4. 湯たんぽを活用する
  5. 窓に断熱シートを貼る

ぜひ、チェックしてみてください!

1.家の中でも防寒具を身につける

1つ目は家の中でも防寒具を身につける方法です。

防寒具は暖房器具を使用しない際に必須です。

基本的に身につけておくべき防寒具として、ヒートテックやダウン、ネックウォーマー、ブランケットなどが挙げられます。

他にも、もこもこ生地の靴下やルームシューズ、手袋、着る毛布などもかなり役立つため、用意しておくことがおすすめです。

ここがポイント!

家の中では雪だるまのような格好で、できるだけ素肌が空気に触れないようにすることが重要です。

暖房器具を使用せずに冬を超える場合は、必ず防寒具を用意しておきましょう。

2.カーテンにこだわる

2つ目は性能の高いカーテンにこだわる方法です。

断熱機能や保温機能の備わった厚手のカーテンを使用するだけでも、窓際から冷たい空気が室内へ流れ込むことを避けられます。

「カーテンを変えるだけでそんなに違う?」と疑問を持つ方が多いかもしれませんが、本当にカーテンによって暖かさが変わります!

少々値が張っても長く使うものなので、性能の良いカーテンを選択しましょう。

ここがポイント!

また、100円ショップなどでも売っている冷気を防ぐカーテンも一緒に取り付けるとさらに効果的です。

窓際からの冷えを防ぐためにも、カーテンを工夫してみてください。

3.カーペットと床の間にアルミシートを敷く

3つ目は、カーペットと床の間にアルミシートを敷く方法です。

毎年冬の時期になると、100円ショップや生活用品店、雑貨屋などで販売しています。

防寒・保温機能が備わっており、外に暖かい空気が逃げるのを防ぐアイテムです。

特に、底冷えの激しいアパートなどには必須のアイテムだと言えるでしょう。

もしアルミシートを購入する余裕がない場合は、段ボールでも代用が可能です。

段ボールは保温性が優れているため、家に段ボールがある方は試しに使ってみてください。

もし段ボールが家にない場合は、不要な段ボールを自由に持ち帰れるスーパーなどを利用するといいでしょう。

4.湯たんぽを活用する

4つ目は湯たんぽを利用する方法です。

ケトルなどで沸かしたお湯を入れるだけで暖房器具として使える湯たんぽであれば、光熱費をそれほど心配する必要はありません。

湯たんぽを何個か持っていると、割と暖かい空間を作り出すことが可能です。

また、こたつのなかに入れておくことで、こたつをつけずとも暖かさを感じることができますよ!

ここは注意!

湯たんぽは低温やけどなどのトラブルを起こしやすいので、寝る時などに布団で使用することは避けましょう。

安全に配慮しながら使ってみてくださいね。

5.窓に保温シートを貼る

5つ目は、窓に断熱シートを貼る方法です。

窓から外の冷たい空気が流れ込む場合が多いため、窓周りには十分に気を配ることが重要です。

窓に貼る保温シートは100円ショップや工務店などにも売っているケースが多く、冬の時期は簡単に手に入ります。

どうしても手に入れられない場合は、割れ物などについてくるプチプチや保温機能のある発泡スチロール・段ボールを活用する方法もあります。

カーテンと組み合わせながら、外から冷たい空気が入るのを防ぎましょう!

暖房器具を使わない場合の注意点

暖房器具を使わない場合の注意点を2つご紹介します。

暖房器具を使わずに冬を越したいと考えている方は、ぜひチェックしてください。

無理はしないこと

1つ目の注意点は無理をしないことです。

寒さに弱い人などは暖房器具を使わないと、過剰なストレスが溜まります。

また、免疫が落ちて病気にかかる可能性もあるため注意が必要です。

もし、暖房器具を使わずに冬をこそうと考えている場合は、それが可能な体質・体調かどうかをしっかりと見極めましょう。

ここは注意!

特に一人暮らしの場合は何かあった時にすぐ助けてくれる人が近くにいないこともあります。

絶対に無理はせず、寒さに負けそうになった場合は暖房器具をつけるようにしてくださいね。

また、カップルや友人とのシェアハウスをしている場合は、必ず同居人の方と相談をした上で暖房器具を使わないかどうか熟考してください。

人には寒さに強い・弱いなどの性質があります。

自分は大丈夫だと感じていても、相手にとっては苦痛な環境であるケースも珍しくありません。

暖房器具を使用せず冬を越える方法はかなりストイックな節約方法であるため、誰かと一緒に住んでいる場合はお互いで理解を深めておくことをおすすめします。

ペットがいる場合はNG

猫や犬、ハムスターなど温度管理をきちんとする必要のあるペットがいる場合は、暖房器具が必要です。

他にも、寒い環境が苦手な動物を飼っている場合は、暖房器具を使わないことはNG!

最悪の場合、寒い環境でペットが死んでしまうこともあります。

ペットの命を守るためにも、ストイックな節約はせずに暖房器具を使用するようにしてください。

ある程度の光熱費は我慢することも大切

ここまで暖房器具を使わずに冬を越す方法を解説しましたが、よほどの理由がない限りは暖房器具を使うことがおすすめです。

筆者が暖房器具を使用せずに冬を越した際は、正直ストレスも多く、なかなか大変でした。

もちろん光熱費の節約にはなりますが、ストレスが溜まってしまっては意味がありません。

今回ご紹介した方法を取り入れながら、最小限で暖房器具を使用すれば、冬の光熱費をぐんと抑えることが可能です。

ある程度の光熱費は我慢しよう……と割り切っておくことが、ストレスなく冬を越すための秘訣です!

まとめ

暖房器具を使用せずに冬を越える方法をご紹介しました。

この記事にもある通り、地域によっては暖房器具を使わずとも冬を越すことは可能です。

しかし、体に負担がかかることは間違いありません。

よほどの理由がない場合は、暖房器具を活用しながら冬を越すようにしてください。

無理はしないでくださいね。

また、今回解説した5つの方法は暖房器具の使用頻度を削減することにも効果的です。

光熱費節約のために、ぜひ生活へ取り入れてみてください!