眼鏡(メガネ)オンライン通販おすすめ7社を比較ランキング!購入する際の注意点は?

専門店で購入するイメージの強いメガネですが、近年ではオンラインショップで購入する人も増えています。

とはいえ、メガネは日常生活に密接に関わる重要な器具。

オンラインショップやネットで購入するのは不安という人も多いのではないでしょうか。

この記事ではそうした人向けに、メガネをオンラインショップで購入する際の注意点や、安くておすすめのオンラインショップなどについて解説していきます。

本記事はプロモーションが含まれています
本記事を経由してサービスの利用があった場合、掲載企業から紹介手数料を受け取ることがあります。ただし、紹介手数料の有無が本記事の内容や順位に影響を与えることはありません。コンテンツ内容に関しては、株式会社Life Storiesが独自で制作したものです。(コンテンツ編集ポリシー)
【PR】GLP-1最安値はクリニックフォア

内服薬(税込) リベルサス3mg:7,028円〜
※クーポン利用、定期配送プラン
注射薬(税込) オゼンピック2mg:13,365円〜
※クーポン利用、3本セットプラン
診療時間 24時間対応
配送料 550円
  • リベルサス、オゼンピックが最安値
  • オンライン診療で便利
  • 最短翌日配送が可能
  • 定期配送で継続治療できる
  • GLP-1内服薬と注射薬に対応
スポンサーリンク

メガネをオンラインで購入する際の注意点は?

実店舗があるか?

メガネをオンラインショップで購入する時、まず注意したいのが、そのオンラインショップは近くに実店舗があるかどうかということです。

メガネは身体の一部とも呼べる器具であり、その調整には繊細さを伴います。

オンラインショップで購入したメガネについても追加の調整が必要になることは十分に考えられ、また、破損した際の修理のことなども視野に入れておく必要があるでしょう。

調整や修理が必要になった時、購入時と別のメガネ屋さんに持ち込むのも一つの手ですが、場合によっては対応してもらえない可能性もあります。

しかし、実店舗があるオンラインショップでメガネを購入した場合は、そうした問題が起こる可能性は低いです。

仮にメガネの調整や修理が必要になったとしても、実店舗に行くことで直接対応してもらえるでしょう。

保証はあるか?

オンラインショップでメガネを購入する際は、保証やアフターサービスがきちんとしているかどうかも気を付けておく必要があります。

メガネは視力を矯正するための器具であり、調整がうまくいかないと日常生活に不便をきたしてしまうことも。

場合によっては事故や症状の悪化などに繋がる可能性もあり、そうした事態を避けるためには保証・アフターサービス体制が整っているかどうかが重要となります。

特に、レンズの度数や品質など、「見え方」に関する保証・アフターサービスは非常に大切です。

オンラインショップでメガネを購入する際は、「レンズの無料交換」など、新しいメガネを使いこなせるまでのサポートは十分か、よくチェックしておくと良いでしょう。

また、保障やアフターサービスを受ける際はどのようにすれば良いのか(実店舗に持ち込み、郵送など)、事前にチェックしておけば、万が一トラブルが発生した時も慌てずに済みます。

度数情報は把握しているか?

オンラインショップでメガネを購入する際は、レンズの度数情報を入力をする必要があります。

自分の度数情報が分からない場合は、あらかじめ調べておくようにしましょう。

初めてメガネを作る人や度数情報がない人は、眼科で「メガネ用処方箋」を出してもらう必要があります。

診察を受ける手間はありますが、視力だけでなく、乱視やその他目の病気についても検査してもらえるため、きちんと受けるようにしましょう。

以前にメガネを作ったことのある人は、メガネの購入店舗に問い合わせることで度数情報を得られる場合があります。

仮に購入店舗にデータが残っていなかったとしても、手持ちのメガネを持ち込むことでレンズの度数を調べてもらえるでしょう。

また、オンラインショップによっては、手持ちのメガネを郵送することで、同じ度数のメガネを作成するサービスを行っているところもあります。

ただし、基本的にメガネは、最新の度数情報を元に作るのが良いとされます。

目の健康を診てもらう良い機会にもなるため、オンラインショップでメガネを購入する際はその都度、眼科の診察を受けるのがおすすめです。

眼鏡(メガネ)通販おすすめオンラインショップ7選

JINS

JINSの公式サイトより画像を抜粋

JINS(ジンズ)は、メガネの研究開発から販売までを一貫して提供している、日本のメガネブランドです。

オンラインショップについては2007年より展開しており、メガネのオンライン販売において10年以上の実績を持っています。

  • スマートフォンで自由にメガネをオーダーできる「JINS PAINT」
  • バーチャル上でメガネを試着できる「JINS VIRTUAL-FIT」

など、ネットショッピングならではのサービスが多数提供されており、手元に品物がなくても自分好みのメガネを選びやすいのが特徴です。

実店舗が日本全国にありアフターサービスも充実しているため、初めてメガネのオンラインショップを利用する人にとっても非常に使いやすいショップといえるでしょう。

>>>JINSの公式サイトはこちら

OWNDAYS

OWNDAYSの公式サイトより画像を抜粋

OWNDAYS(オンデーズ)は東京都品川区に本社を置く、メガネ・サングラスの販売チェーンです。

非常にリーズナブルなメガネを提供していることで知られ、芸能人や人気アニメなどとのコラボ商品も積極的に発売しています。

オンラインショップでは実店舗と兼用可能なポイントサービスを展開しており、買い物する度にポイント還元が受けられるようになっています。

ポイントについてはOWNDAYSを利用すればするほど還元率が上がる仕組みとなっており、最高で10%ものポイント還元が受けられます。

ポイントを利用してお得に買い物したい人には、特におすすめのショップといえるでしょう。

>>>OWNDAYSの公式サイトはこちら

眼鏡市場

眼鏡市場の公式サイトより画像を抜粋

眼鏡市場は静岡県静岡市に本社を置く、メガネ・コンタクトレンズ・補聴器等の販売チェーンです。

日本を代表するメガネチェーンであり、全世代に対応した豊富な品ぞろえを特徴としています。

眼鏡市場のオンラインショップでは様々なメーカーのメガネが取り扱われており、膨大な種類の中から、自分好みのメガネを探すことができます。

国内1000店舗と実店舗が非常に多いことも特徴で、オンラインショップで購入したメガネを、日本中どこの店舗でも調整、修理してもらうことが可能です。

レンズ交換や無償修理といった各種保証も充実しており、初めてメガネのオンラインショップを利用する人でも安心して利用しやすいショップといえるでしょう。

>>>眼鏡市場の公式サイトはこちら

Zoff

Zoffの公式サイトより画像を抜粋

Zoffは、東京都港区に本社を置くメガネ量販店チェーンです。

Zoffの特徴としては、商品企画から製造、小売りまでを一貫して行うことにより、非常に安価なメガネを提供していることが挙げられます。

それはオンラインショップにおいても同様で、一本3,300円~(レンズ付き)と、かなりリーズナブルな価格からメガネを購入することが可能です。

また、全体的にカジュアルなデザインのメガネが多いのも特徴といえます。

Zoffのオンラインショップはシンプルかつ使いやすい作りになっており、求める形状のメガネをスムーズに探すことができます。

とにかくコスパを重視する人や、様々なメガネを試してみたい人におすすめのオンラインショップといえるでしょう。

>>>Zoffの公式サイトはこちら

オーマイグラス

オーマイグラスの公式サイトより画像を抜粋

オーマイグラスは、東京都港区に本社を置くメガネ販売チェーンです。

2011年に創業した比較的新しい企業で、実店舗は東京都を中心に展開しています。

取り扱っているメガネは高品質なものが主体で、自社製品から有名メーカーのものまで幅広く取り揃えています。

オーマイグラスのオンラインショップの一番の特徴が、その試着システムです。

オーマイグラスでは希望のメガネについて顧客の自宅まで配送して、実際に数日間、お試し利用できるシステムを設けています。

実際に使い心地を試してから購入できるため、買ってから後悔するといったことが起きにくいです。

メガネを購入する際はできるだけこだわって選びたいという人におすすめのオンラインショップといえるでしょう。

>>>オーマイグラスの公式サイトはこちら

愛眼

愛眼の公式サイトより画像を抜粋

愛眼は大阪府大阪市に本社を置く、メガネ・コンタクトレンズ・補聴器等の販売チェーンです。

愛眼のオンラインショップの特徴としては、スポーツ用メガネや高耐久性メガネフレームといった専門的な用途のメガネが、豊富に取り揃えられている点が挙げられます。

メーカーや価格帯についても非常に幅広く用意されており、色々なメガネを見てみたいという人にとっては、うってつけのオンラインショップといえるでしょう。

また、子供用メガネのレパートリーも非常に充実している事でも知られ、子供のメガネをしっかりと選んであげたいという人にもおすすめです。

>>>愛眼の公式サイトはこちら

パリミキ

パリミキの公式サイトより画像を抜粋

パリミキは、東京都港区に本社を置くメガネ・コンタクトレンズ等の販売チェーンです。

日本を代表するメガネチェーンのひとつであり、西日本では「メガネの三城」の名で知られています(2022年4月より全国でパリミキの呼称に統一)。

パリミキのオンラインショップの特徴としては、高品質かつトレンドに即したメガネが数多く販売されていることが挙げられます。

国内600店舗以上ある実店舗との連携もスムーズに行われており、オンラインショップで気になった商品を最寄りの店舗に取り寄せて試着することも可能です。

パリミキの特徴として、顧客それぞれに似合うメガネを店舗スタッフが提案してくれるシステムがあります。

気に入ったメガネを取り寄せ、店舗スタッフのアドバイスを聞きながら選ぶといったことも可能なため、他者の意見を取り入れながらメガネを選びたいという人におすすめです。

>>>パリミキの公式サイトはこちら

オンライン購入でありがちな失敗は?

度数が合わない

メガネのオンライン購入で一番起こりやすい失敗が、メガネの度数が合わないことです。

メガネの度数の調整は非常に繊細で、たとえレンズの度数が正しかったとしても、目とレンズの距離や位置関係によって、見え方に違和感を感じることがあります。

度数が合わないことによる違和感は場合によって、頭痛や吐き気などの原因にもなります。

保証があるならできるだけ速やかに、実店舗で確認、調整をしてもらうようにしましょう。

かかり具合が合わない

メガネのかかり具合が顔に合わず、耳や鼻などが痛くなってしまうのも、よくあるトラブルです。

こうしたかけ心地に関するトラブルは、デザイン性を重視したメガネを購入した際に起こりがちです。

メガネのフィッティングに関しては実店舗に持ち込めば、たとえ保証がなくても無料で行ってくれるところが多いです。

違和感を感じるようならできるだけ早めに見てもらうようにしましょう。

似合わなかった

オンラインショップでメガネを購入すると、モニタ上で感じたイメージと全く違ったものが手元に届くことがあります。

場合によっては自分に似合わず、返品を検討するようなケースもあるでしょう。

品物の返品についてはショップごとに取り扱いが違います。

オンラインショップでメガネを購入する際は返品の可能性も視野に入れ、「よくある質問」などを事前に確認しておくようにしましょう。

メガネを選ぶ前に知っておくべきことは?

顔の形と最適なフレームの形

フレームの形は、顔の形とバランスが良いものを選ぶことが重要です。丸い顔には角張ったフレームが似合い、四角い顔には丸みを帯びたフレームが相性が良いといわれています。自分の顔の形を理解し、最適な形状のフレームを選ぶことで、自分らしさを引き立てるメガネを見つけることができます。

フレームのサイズとフィット感

メガネのフレームは、顔の大きさに適したものを選ぶことが大切です。大きすぎると滑りやすく、小さすぎると圧迫感があるためです。また、鼻パッドやテンプル(つる)の調節が可能なフレームを選ぶと、自分の顔にピッタリフィットするメガネを作ることができます。

自分のスタイルを考える

メガネはファッションの一部でもあります。日常生活で使うものならカジュアルなデザイン、ビジネス用途ならシンプルで洗練されたデザイン、特別な場所に出かけるときなら個性的なデザインなど、シーンや自分のスタイルに合わせて選びましょう。

価格と品質

メガネは一日中身に着けるものなので、品質はとても重要です。高品質なメガネは視力補正はもちろんのこと、長時間の使用でも快適さを保ちます。しかし、価格と品質は必ずしも比例するわけではありません。自分の予算内で最高の品質を得るために、様々なメーカーやショップを比較しましょう。

メガネの度数を正しく知るためにはどうすればいい?

目の検査をする

まず、目の検査を受けてみましょう。これは通常、専門的な視力検査機器を使用する眼科医によって行われます。検査では、近視や遠視、そして老眼といった視力の問題を見つけ出すことができます。これらの情報は、最適な度数のメガネレンズを見つけるために必要です。

度数表の読み方: 理解して自分の視力を知る

目の検査の結果は、通常、度数表という形で示されます。ここには、あなたの目の状態に関する詳細な情報が書かれています。たとえば、「SPH」は球面度数(近視や遠視の度数)、’CYL’ は円柱度数(乱視の度数)、’AXIS’ は軸(乱視の軸の位置)を示します。これらの値を理解することで、自分がどの程度の視力補正を必要としているのかを知ることができます。

度数表をオンラインストアに送る

最後に、これらの情報をオンラインのメガネショップに伝えることが必要です。一部のオンラインショップでは、度数表を直接アップロードする機能があります。また、いくつかのショップでは、度数表の情報を手動で入力することも可能です。このステップは、正確な度数のメガネをオンラインで注文するために重要です。

メガネをオンラインで購入するメリットは?

幅広い選択肢から選べる

オンラインショッピングの一番のメリットは、その選択肢の広さです。デザイン、ブランド、価格帯など、様々な観点から自分にピッタリなメガネを探すことが可能です。限られた店舗スペースの中では提供できない、広大な選択肢が手元に広がります。

手軽に購入できる

実店舗で買い物をするには、開店時間に合わせて行く必要がありますが、オンラインショッピングなら24時間いつでも可能です。自宅にいながら、あるいは通勤時間などに手軽にメガネ選びができます。忙しい現代人にとって、この時間の柔軟性は大きなメリットとなります。

オンラインショップの方が安い場合がある

オンラインショップは店舗維持費などのオーバーヘッドが少ないため、商品をより安く提供することが可能です。特に、オンライン専門のメガネショップは、とてもリーズナブルな価格設定をしていることが多いです。予算内で高品質なメガネを見つけることが可能になります。

メガネをオンラインで購入するデメリットは?

実際に試着ができない

実店舗でメガネを選ぶ場合、フレームを実際に試着して、顔に合うかどうかを直接確認できます。しかし、オンラインショップではこれが難しいです。いくつかのウェブサイトではバーチャル試着機能を提供していますが、それでも実際のフィット感や重さは確認できません。

メガネの調整が必要

メガネは、鼻パッドの位置やテンプル(つる)の角度など、使用者に合わせて細かな調整をすることが必要です。オンラインで購入した場合、これらの調整は自分で行うか、後から眼鏡店に持ち込んで調整してもらう必要があります。

返品・交換が面倒

オンラインで購入したメガネがフィットしなかった場合や度数が合わなかった場合、返品や交換が必要となることがあります。しかし、オンラインショップの中には返品・交換が難しい場所もあるため、購入前にそのショップの返品・交換ポリシーをよく確認しておくことが大切です。

支払いと配送について

オンラインでメガネを購入する際には、支払いと配送のプロセスを理解しておくことが大切です。詳しく見ていきましょう。

支払い方法

オンラインでのメガネ購入では、各ショップで様々な支払い方法が提供されています。クレジットカード、デビットカード、電子マネー、コンビニエンスストア決済、銀行振込など、あなたにとって最も便利な方法を選択することができます。また、いくつかのショップでは分割払いや後払いも利用できる場合があります。

注文確認

注文内容を最終的に確認するための画面が表示されるはずです。度数やフレームの選択、レンズのオプション、配送先など、注文内容をしっかりと確認しましょう。全てが正しいことを確認したら、安心して決済を進めてください。

配送について

配送時間はショップによりますが、大体の場合、注文から数日〜1週間程度で到着します。また、配送状況の追跡が可能なショップもありますので、配送状況を確認しながら新しいメガネの到着を楽しみに待ちましょう。

よくある質問は?

Q1. メガネの度数はどうやって測定すればいいのですか?

メガネの度数は、眼科医や眼鏡店で行われる専門の視力検査によって測定されます。これにより、自身の視力状態や必要な補正度数を正確に把握することができます。オンラインでメガネを購入する場合は、最新の度数情報を持っていることが重要ですので、事前に眼科医で検査を受けることをおすすめします。

Q2. オンラインでフレームのサイズを選ぶコツはありますか?

フレームのサイズ選びには、顔の形やサイズを考慮することが重要です。オンラインショップでは、通常、フレームの詳細な寸法が記載されていますので、自分に合ったフレームを選ぶためにこれを参考にしましょう。また、既に持っているメガネがあれば、そのフレームのサイズを測定することも役立ちます。フレームの形状も重要ですので、自分のスタイルや好みに合ったデザインを選ぶことも忘れずに。

Q3. メガネが合わなかった場合、返品は可能ですか?

オンラインショップによって返品ポリシーは異なりますので、購入前に注意して確認しましょう。多くのショップでは、一定期間内であれば返品や交換が可能です。商品の状態や使用状況によって条件が変わることもありますので、返品ポリシーに関しては注意深くチェックしましょう。

Q4. オンラインでメガネを購入するのは安全ですか?

オンラインでメガネを購入する際には、安全性について心配されるかもしれませんが、信頼性の高い大手のオンラインショップを選ぶ限り、オンラインでのメガネ購入は安全です。以下のポイントに注意することで、より安心してショッピングを楽しむことができます。

1. 信頼性のあるショップを選ぶ

レビューや評価を確認し、信頼性のあるショップを選びましょう。大手のメガネブランドや知名度の高いオンラインショップは、一般的に信頼性が高いです。

2. 安全なウェブサイトを使用する

オンラインショッピング中に個人情報やクレジットカード情報を入力する際には、ウェブサイトが安全であることを確認しましょう。安全な接続を示す「https://」のURLやロックアイコンが表示されているかを確認しましょう。

3. プライバシーとセキュリティに配慮する

ショップのプライバシーポリシーやセキュリティ対策について注意深く確認しましょう。個人情報の取り扱いや第三者への情報提供に関するポリシーが明確に記載されているかを確認し、安心感を持って情報を提供しましょう。

4. 支払い方法の安全性を確認する

安全な支払い方法を選びましょう。クレジットカードの場合は、セキュリティコードの入力や、不正利用に対する保護措置があるかを確認しましょう。また、信頼性の高いオンライン決済サービスを利用することも安全性を確保する方法の一つです。

オンラインでメガネを手に入れるための最終チェックリスト

チェック項目 説明
度数の確認 あなたの度数が最新であることを確認します。度数が古いと、新しいメガネが合わない可能性があります。
フレームサイズ 顔にフィットするフレームサイズを選びます。フレームの幅やテンプル(つる)の長さ、鼻パッドの位置などを考慮します。
レンズの選択 必要に応じてレンズのオプション(紫外線保護、反射防止コート、遠近両用など)を選びます。
支払い方法 利用可能な支払い方法(クレジットカード、デビットカード、電子マネーなど)を確認し、最適なものを選びます。
配送情報 配送先住所を正確に入力します。また、配送状況の追跡が可能な場合はその方法を確認します。
返品・交換ポリシー 商品が合わなかった場合の返品・交換ポリシーを確認します。

まとめ

メガネをオンライン購入する際、もっともトラブルになりやすいのが、調整や修理に関することです。

しかし、近隣に実店舗があるオンラインショップなら、そうしたトラブルも実店舗で購入したのとほぼ変わらない方法で対処することができます。

オンラインショップのメリットだけを享受するためにも、メガネをオンライン購入する際は、なるべく近隣に実店舗があるショップを選ぶようにしましょう。