義実家に泊まることになった…手土産は必要?泊まるときに気をつけることは?

義実家への宿泊は、基本的に避けることが出来ないイベントです。中にはピンチと考えている方もいるかもしれませんが、上手く振舞えば義実家との関係を良好にするチャンスに変わります。

今回は、義実家に泊まる時のポイントや気を付けることについて解説していきます。

事前に知っておくことで不要なトラブルを避けることも出来るでしょう。

本記事はプロモーションが含まれています
本記事を経由してサービスの利用があった場合、掲載企業から紹介手数料を受け取ることがあります。ただし、紹介手数料の有無が本記事の内容や順位に影響を与えることはありません。コンテンツ内容に関しては、株式会社Life Storiesが独自で制作したものです。(コンテンツ編集ポリシー)
【PR】GLP-1最安値はクリニックフォア

内服薬(税込) リベルサス3mg:7,028円〜
※クーポン利用、定期配送プラン
注射薬(税込) オゼンピック2mg:13,365円〜
※クーポン利用、3本セットプラン
診療時間 24時間対応
配送料 550円
  • リベルサス、オゼンピックが最安値
  • オンライン診療で便利
  • 最短翌日配送が可能
  • 定期配送で継続治療できる
  • GLP-1内服薬と注射薬に対応
スポンサーリンク

よくある義実家に泊まるシチュエーションは?

想定される義実家に泊まるシチュエーションは次の通りです。

正月などの帰省

義実家に泊まるシチュエーションとして、最も多いのが正月などの帰省です。年に数回は孫の顔が見たいと考えている両親は多く、その両親の希望を満たす上でもお正月はうってつけです。

お正月が休みでない仕事に就いている場合も別日で帰省することを希望されることがほとんどですので、帰省を避けることは難しいと言えるでしょう。また、帰省は義実家との関係を良好に保つための良い機会でもあります。

冠婚葬祭

冠婚葬祭が義実家の近くで実施される場合、そのまま義実家に泊まることもあるでしょう。親戚の結婚式であればある程度時期を予測することが出来ますが、お葬式はいつあるか事前に予想することが出来ません。そのため、急遽義実家に泊まるシチュエーションが発生することも十分に考えられます。

冠婚葬祭の場合には家族全員の礼服を用意し、泊まっている間も常に管理しなければなりません。冠婚葬祭に関わる様々なことを手伝う必要もあります。それゆえに、単なる帰省に比べて大きな負担が発生するのが特徴です。

夫の実家に泊まるときの心配事は?

会話

義実家では、当然ながら義父母と円滑な会話をすることが求められます。夫が静かなタイプだった場合、妻が会話のほとんどに参加しなければならなくなります。義父母とは世代が異なりますので、どのような会話を望んでいるかを慎重に判断する必要もあります。事前に義父母の趣味などが分かっているのであれば、そのことについて軽く勉強しておくのも重要なことです。

基本的には相手の話したいことを話してもらえるように相槌を打つことが大切ですが、相槌を打つだけでは好印象にならないケースもあります。時には自分の家庭であったエピソードを話して、相手に楽しんでもらえるようにしましょう。

家事の手伝い

義実家に泊まった際には家事を積極的に手伝う必要があります。常に出来ることはするというスタンスが高評価に繋がります。ただし、料理などキッチンに関する家事については、義母のこだわりがあることも多いです。勝手に触ってしまうと気分を害する可能性がありますので、義母の様子を見ながら自分が手伝えることを探してみましょう。

「手伝えることはありませんか」と声をかけるだけでも随分印象は変わってきます。特に家事の手伝いを求められなかったとしても、いつでも何かあれば手伝えるように義父母の様子に対してセンサーを張っておくことが大切です。

義実家に泊まるときに手土産は必要?

予算は3000-5000円

義実家に泊まる時には手土産は必須と言っても過言ではありません。たとえ突発的な帰省であっても駅などで手土産を購入し、義実家に到着したらすぐに渡すようにしましょう。手土産を渡すことが会話のきっかけになり、義実家との関係を良くすることにも繋がります。

手土産は食べ物や洗剤などがおすすめです。これらは後に残らないため、邪魔になってしまうことがありません。食べ物の場合は名産が含まれている方が話題性があって良いですが、好みが分かれる物は避けましょう。

洗剤は食べ物を避ける場合の選択肢ですが、人によってはこのメーカーが良いといったこだわりがあるケースもあります。そういった情報は事前に夫に尋ねておくようにしましょう。お菓子や洗剤であれば3000円から5000円までの間に収めることは容易です。あまりに高額だと普段から贅沢をしていると思われてしまいかねませんので、気を付けましょう。

親類やご近所にも

冠婚葬祭などで親類が集まることが予想される場合には、親類に配る分の手土産も持っていくようにしましょう。親類への手土産は義実家への手土産ほど気を遣う必要はありません。小分けになっている和菓子などが最適です。

近所付き合いが密接な義実家であれば、ご近所に配れる分もあれば役立つかもしれません。義実家に帰省すると子どもが騒がしくしたりして近所に少し迷惑をかけてしまうことも考えられますので、近所に手土産をあげることでトラブル防止の予防線を張っておくと有効です。

義実家に泊まるときのおすすめ手土産3選

配れるお菓子

お菓子は最も無難な選択肢です。日持ちするため、たとえ食べきるのが遅くなっても問題はありません。他の食べ物に比べると好みが分かれにくいことも利点です。内容は世代に合わせた物が好ましいですが、和菓子であれば基本的に喜ばれやすいでしょう。

義父母の年齢が比較的若い場合には、洋菓子や流行のお菓子などを選ぶことも有効です。小分けになっているお菓子は簡単に配ったり、分けたりできますので手土産として最適です。

お酒

お酒はお菓子以上に日持ちが良く、甘い物が苦手な方に喜ばれやすいのが特徴です。義父母がお酒好きであるという情報が事前にあれば、お酒を積極的に選択しましょう。

しかし、義父はお酒好きで義母は飲まないという場合にはお酒は避けることをお勧めします。あくまで手土産は義父と義母の両方に喜んでもらえることが前提になるからです。

義父にお酒、義母に和菓子というように分けて手渡すという方法もあります。その際には、トータルの予算が高額になりすぎないように注意しましょう。

良いお肉

やや注意が必要ではありますが、高級なお肉を渡して喜ばれることもあります。親戚中が集まるような状況では、義実家にはたくさんのお菓子が集まることも珍しくありません。そんな時に、高級なお肉を渡すことで印象が良くなります。

ただ、肉は腐りやすい点に注意が必要です。また、普段から高級なお肉を食べ慣れているお家の場合、あまり喜ばれない可能性があります。

義実家に泊まるときに気をつけることは?

手伝えることがあるか尋ねる

義父母は手伝ってほしいことがあったとしても、そのことを率直に伝えてくれない場合もあります。そのため、常に手伝えることがあるかを尋ねるようにしましょう。実際に手伝わせてくれるかどうかは義父母次第ですが、その声かけがあるだけでも印象は随分良くなります。

自己判断で色々と行動をしてしまうと、それが却って迷惑になることもあります。あくまで自己判断ではなく、義父母に言われたことの範囲内で邪魔にならないように手伝うのがおすすめです。

滞在費について夫と話しておく

義実家への滞在の際には様々なお金が発生します。義実家の善意で高級な食材を使った料理がふるまわれることもあります。それらのお金についてどうするのかを夫と話しておくことが大切です。実際にお金を負担するかどうかは義実家の判断次第ですが、自分たちもお金を出すというスタンスを持っておく必要があります。

義実家側の負担でご馳走してもらった時には必ず丁寧にお礼を述べ、子どもたちにもお礼を言わせるようにしましょう。たびたび豪華な食事をご馳走になっているのであれば、手土産の予算を増やすといったことも検討する必要があります。義実家とのお金の話を妻がするのは大きな負担になりますので、夫にしっかりと話をしておいてもらうことも重要となります。

義実家への宿泊の際には夫との連携も大切

義実家に泊まる際には妻に負担がかかってしまいがちですが、実際には夫と連携することによって多くの問題を解決することが出来ます。

負担を一人で背負いこむのではなく、夫の力を積極的に借りるようにしましょう。

義実家との関係を良好にしておくことは夫婦のみならず、子どもたちにとっても大きなメリットのあることです。