こどもちゃれんじEnglishって?特徴・メリット・デメリットなど紹介

育児中のお母さんで、お子さんに英語を学ばせてあげたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

こちらの記事では、こどもちゃれんじEnglishについてご紹介していきます。

どんな特徴があるのか、メリット・デメリットは何があるのかを見ていきましょう。

お子さんの英語学習を考えているお母さんたちは必見です。

本記事はプロモーションが含まれています
本記事を経由してサービスの利用があった場合、掲載企業から紹介手数料を受け取ることがあります。ただし、紹介手数料の有無が本記事の内容や順位に影響を与えることはありません。コンテンツ内容に関しては、株式会社Life Storiesが独自で制作したものです。(コンテンツ編集ポリシー)
【PR】GLP-1最安値はクリニックフォア

内服薬(税込) リベルサス3mg:7,028円〜
※クーポン利用、定期配送プラン
注射薬(税込) オゼンピック2mg:13,365円〜
※クーポン利用、3本セットプラン
診療時間 24時間対応
配送料 550円
  • リベルサス、オゼンピックが最安値
  • オンライン診療で便利
  • 最短翌日配送が可能
  • 定期配送で継続治療できる
  • GLP-1内服薬と注射薬に対応
スポンサーリンク

こどもちゃれんじEnglishとは?

こどもちゃれんじEnglishとは、1歳から6歳までの子どもの年齢に合わせて取り組むことが出来る、しまじろうの英語教材です。

2ヶ月に一度、英語教材が届けられるので楽しみながら継続して英語を学習していけます。

 

こどもちゃれんじEnglishの特徴は?

英語が好きになるカリキュラム

せっかく英語教材で学習を始めるなら、子どもに英語を好きになってもらいたいと思いますよね。

こどもちゃれんじEnglishでは、子どもが英語を好きになれるようなカリキュラムが作られています。

最初から難しいことを覚えようとするのではなく、子どもの年齢にあったやり方で学習を進めていけるので、子ども自身も楽しめるでしょう。

効率的なセット教材

こどもちゃれんじEnglishで使われるセット教材はDVDと玩具、ブックです。

英語学習をする上で、効率的に英語力をアップさせるのはとても大切なことですよね。

教材として届けられるDVDで英語を学び、玩具で遊びながら楽しく英語を使うことができるというのは効率的な学習方法です。

さらには、ブックを使って理解を深めていくこともできます。

負担が少なく続けやすい

子どもに英語を学ばせたいと思っていても、料金が高すぎると継続することが難しくなってしまいます。

例えば、英語教室に通ったり、オンライン授業を受けたりするのは、お財布事情を考えると少し負担に感じますよね。

しかし、こどもちゃれんじEnglishはリーズナブルな価格で英語を学べるようになっているので、継続しやすいのが特徴の一つです。

こどもちゃれんじEnglishのメリットは?

DVDがわかりやすい

こどもちゃれんじEnglishのDVDは子どもを対象にしているため、内容がとても分かりやすいです。

子どもが飽きずに楽しく英語を学ぶためには、分かりやすさが大切になってくるのでこれは大きなメリットだと言えます。

また、分かりやすいだけではなく、子どもが関心を持てるような内容になっているのも特徴的です。

玩具がバリエーション豊か

こどもちゃれんじEnglishでは、様々なバリエーションの玩具が用意されています。

例えば、英語が流れてくるパズルや、録音機能がついている玩具など、子どもが興味を持って遊べるような玩具がたくさんあります。

子どもがちゃんと興味を示して続けてくれるのか心配だという方も、安心して始められるのではないでしょうか。

年齢によって届く玩具が違ってくるので、他にどのような玩具があるのか気になる場合はホームページをチェックしてみてください。

続けやすい

英語学習で一番気になるのは、子どもが続けやすいかどうかですよね。

こどもちゃれんじEnglishの教材は、2ヶ月に一度のペースで届けられるため小さな子どもでも続けやすくなっています。

英語学習をさせてあげたいと思いつつも、「あまり詰め込みすぎるのはちょっと」と考えている方にも向いているでしょう。

こどもちゃれんじEnglishのデメリットは?

オールイングリッシュではない

子どもに英語学習をさせるときは、オールイングリッシュがいいと思っているお母さんもいるはずです。

そういう考えを持っている場合、こどもちゃれんじEnglishはオールイングリッシュではないので、そこがデメリットに感じてしまうこともあるでしょう。

しかし、初めて英語に触れる子どもにとっては、馴染みのある日本語も一緒に使われていることで興味を示しやすくなるかもしれません。

玩具に当たり外れがある

届けられた玩具のすべてが子どもに気に入られるとは限りません。

何に興味を持つかは子どもによって変わってくるので、そういうことを念頭に置いておくといいでしょう。

習慣化は難しい

こどもちゃれんじEnglishの教材は子どもが楽しめるように工夫されていますが、小さな子どもが英語学習を習慣化させるのは難しいと言えます。

途中で集中力が切れてしまい、他の遊びを始めてしまうことも考えられます。

そんな時は、お母さんが子どもと一緒に楽しみながら取り組むことをおすすめします。

よくある質問は?

Q. 同じベネッセが提供しているWorldwide Kidsとは何が違うんですか?

こどもちゃれんじEnglishは、対象年齢が1歳から6歳でオールイングリッシュではありません。

一方、Worldwide Kidsは0歳から6歳が対象でオールイングリッシュが取り入れられています。

共通点としては、どちらの教材も英語の部分はネイティブスピーカーが話しているということです。

Q. 親が英語を喋れなくても大丈夫でしょうか?

お母さんが英語に対して苦手意識を持っていても、お子さんが教材を使いながらしっかり英語を学ぶことが出来ます。

日本語で書かれた教材に関する情報誌も用意されているので安心です。

Q. 子供は飽きっぽい方なんですが続けられるでしょうか?

子どもが飽きてしまったときに無理やりやらせようとしても逆効果なので、子どものペースに合わせてあげることが大切です。

しかし、こどもちゃれんじEnglishの教材は楽しんで取り組めるようになっているので続けやすいでしょう。

Q. 途中で退会することは可能ですか?

途中退会をすることが出来るようになっているため安心です。

さらに、退会するときに残金が戻ってくるのも嬉しいポイントだと言えます。

しかし、一度だけの受講は出来ないので要注意です。

こんな人におすすめ!

こどもちゃれんじEnglishは、お子さんに楽しく英語に触れあってほしいと思っている方に向いている教材です。

子どもの年齢に合わせて楽しい教材が用意されているので、自然と英語を身につけることができるでしょう。

また、お家で気軽に始められるため、教室に通ったりするのが難しいという方にもおすすめします。

子どもによっては、人見知りをしてしまってレッスンが受けられない場合もありますよね。

そんな時にこどもちゃれんじEnglishを利用すれば、お母さんが見守っている中、子どものペースで学びを進めていけるでしょう。

英語に触れる機会を増やしてあげよう!

子どもに英語を身につけてもらいたいと思っていても、独学で出来ることは限られてしまいますよね。

こどもちゃれんじEnglishを利用すると、玩具やDVDなどの教材を使って、子どもが楽しく遊びながらネイティブスピーカーの英語に触れる機会を作ってあげることが出来ます。

また、利用にかかる費用もリーズナブルなので、継続して学びの場を作りたい方は要チェックです。