「ディセンシア」の効果・使用感を口コミレビュー!おすすめの人は?

年齢を重ねていくと気になってくるのが肌の調子です。

若い頃と比べるとハリがなくなってきた、乾燥しやすくなってきたなど、悩みを並べていけばいくらでも出てきます。

季節によってスキンケアを使い分けている人は多いですが、実際はそれだけではカバーしきれないことが多く、悩みはいつまで経っても尽きないのではないでしょうか。

それに、若い頃に使っていたスキンケアをそのまま使い続けるわけにはいきません。

年齢に合わせたスキンケアを使う必要も出てきます。

そこでおすすめのスキンケアが「ディセンシア」です。

敏感肌でも使えるほど肌に優しく、エイジングケアの効果も高いスキンケア化粧品です。

ディセンシアについて詳しくチェックしていきましょう。

本記事はプロモーションが含まれています
本記事を経由してサービスの利用があった場合、掲載企業から紹介手数料を受け取ることがあります。ただし、紹介手数料の有無が本記事の内容や順位に影響を与えることはありません。コンテンツ内容に関しては、株式会社Life Storiesが独自で制作したものです。(コンテンツ編集ポリシー)
人気のある美容医療サービス

・エリシスセンス:MYビューティクリニック

・スキンケア内服薬:eLife(イーライフ)

・医療ダイエット:エミナルクリニック

・切らない二重整形:湘南美容クリニック

スポンサーリンク

「ディセンシア」ってどんな化粧品?

角層に注目したエイジングスキンケア

ディセンシアはどんなスキンケア化粧品なのでしょうか。

元々、ディセンシアは「アヤナス」という名前で販売されていたのですが、ディセンシアとして一部商品を残して生まれ変わりました。

ディセンシアは、肌の「角層」に着目したスキンケア化粧品です。

角層は厚さ0.02ミリの膜でできており、人間の皮膚を覆っています。

角層は肌の表面であるため、あらゆる刺激を受けます。

肌の内部のコンディションを整える役割も持っており、まさに「防御の砦」とも言える重要な部分なのです。

細胞の最終形態でもある角層の可能性をずっと考え、発見を繰り返してきて作られたのがディセンシアなのです。

誰にでも存在する角層ですが、状態は人それぞれ違います。

誰にでも使えるようにと敏感肌向けにもなっているのが魅力です。

肌の手本となるアイテムたち

スキンケア化粧品は、肌に浸透して潤したり、整えたりする役割を持っています。

ディセンシアはその効果はもちろんですが、肌の手本を作るという独自のスキンケアメソッドを発見しました。

例えば、スキンケアの最後に使用するクリームは、先につけた化粧水や美容液に蓋をする役割を持っています。

ですが、ディセンシアのクリームは、通常のクリームと同じ効果はもちろん、整った理想的な角層を作る効果も持っているのです。

そのため、ディセンシアのクリームは「角層クリーム®」と呼ばれています。

疑似角層とも言えるクリームは、従来の部分最適型のスキンケアの概念をアップデートし、違う視点からより美しい肌を目指すことができるようになるでしょう。

全てが敏感肌処方で安心

ディセンシアは誰でも使用できるよう、全ての製品が敏感肌処方となっています。

ただ単に敏感肌向けのものを作っているのではなく、法令よりも厳しくなっているディセンシア独自の安全性基準で作られているのです。

その基準は、ディセンシアが長年培ってきた敏感肌研究に基づいています。

アレルギーテストはもちろんですが、皮膚科医立ち会いのもと行われる敏感肌を想定した安全性テストや、保管状態・使用環境によって変わる温度変化、容器・内容物の相性など、品質に関わる試験をクリアした製品のみが商品化します。

現在販売されているディセンシアのアイテムは、これほどの厳しい試験をクリアしているのです。

香りにもこだわり

品質と同じくらい大切にしているこだわりがもう1つあります。

それが香りです。

ディセンシアのアイテムに香料は使用されていませんが、もともと美肌成分として配合されている天然植物エキスの優しい香りがします。

肌に馴染ませることで香るので、リラックス効果も期待できます。

敏感肌のためにアルコールも使われていません。

敏感肌のことをとことん考えたスキンケア化粧品なのです。

開発はポーラ・オルビスグループ!

ディセンシアは2007年に敏感肌専門ブランドとして誕生しました。

開発に大きく関わったのが、ポーラ・オルビスグループです。

ポーラ・オルビスグループは、膨大な量の肌質データを持っています。

そのデータを商品開発に使用しているのはもちろんですが、ポーラ・オルビスグループの研究機関であるポーラR&M研究所がディセンシアの誕生にはなくてはならない存在なのです。

ポーラR&M研究所は、世界で権威のある化粧品学術大会である国際化粧品技術者会連盟でトップクラスの受賞歴を誇っており、世界有数の研究機関です。

そんな高度な技術を持っている機関で生まれたディセンシアは、更なる改良を続けながら現在もポーラR&M研究所と共同開発を行なっています。

ディセンシアはどんな肌でも、年齢を重ねても強くてしなやか、明るい肌でいられること、スキンケアを通して前向きな気持ちになれる自信を持てるようになることをモットーとしています。

ポーラR&M研究所のデータや長年の敏感肌研究をもとに、日々商品開発に取り組んでいます。

ディセンシアを実際に使ってみた!

魅力あふれるディセンシアですが、使ってみないとわからないこともあるため実際の使用感が気になりますね。

そこで、実際にディセンシアの4アイテムを使用してみました。

混合肌に使用した感想です。

角層にうるおいを閉じこめる「ディセンシア ローション」

化粧水である「ディセンシア ローション」は、手にとってみるととろみのある化粧水です。

角層となじみやすくなっており、しっかり浸透するため優れた保湿効果を持っています。

水分と美容効果が角層のすみずみまで浸透することで、ツヤ感を併せ持つ、強くしなやかな肌を目指すことができます。

洗顔後、水分を拭き取った肌にディセンシア ローションを馴染ませました。

コットンで化粧水をつけるパターンと、手にとってつけるパターンの2つを試しました。

コットンでつけた場合

コットンに適量を馴染ませ、顔に馴染ませていきました。

とろみがあるためコットンに染み込むかが心配でしたが、コットンに染み込むのはもちろんですが、少しの量でも顔にすぐに化粧水が浸透していくのがわかります。

つけた後は手のひらで少しプレスしてみましたが、洗顔後の肌よりもしっかりと潤いがありました。

化粧水をつけただけで肌のもちもち感が大きく違い、びっくりしました。

手でつけた場合

次の洗顔後には、化粧水を直接手に取り、ハンドプレスで馴染ませてみました。

化粧水が手から溢れてしまうのが嫌で、いつもはコットンで化粧水をつけているのですが、ディセンシア ローションはとろみがあるので手でつけても化粧水が溢れることがありません。

それに、化粧水をつけながらハンドプレスをすることで肌に浸透していくのが感じられました。

手でつけても肌のもちもち感はしっかりと感じられます。

どちらのパターンでもしっかり馴染むのですが、ディセンシア ローションは手でつける方がおすすめです。

敏感肌の人の中にはコットンとの摩擦が気になる人もいるため、手ならどんな人でもしっかり潤いを浸透させることができますよ。

角層を立体的にデザイン「ディセンシア モイスト S/C コンセントレート」

「ディセンシア モイスト S/C コンセントレート」は、スキンケアでは美容液の位置付けとなります。

化粧水の後に馴染ませることで角層の構造を紐解き、肌のキメまでふっくらとしたハリを持たせる効果があります。

使用を重ねていくことで表情豊かな肌印象を持つことを可能にするのです。

ボトルから出してみるとまるで乳液のような印象を持ちました。

白いとろみのあるテクスチャーです。

少し馴染ませただけで肌がしっとりして、これでスキンケアが完結するかのような保湿力を感じました。

肌質によっては、化粧水と美容液のみでスキンケアを終えてしまえるような人もいるかもしれません。

使い続けることでの効果を期待したいです。

理想的な肌のお手本をつくる「ディセンシア クリーム」

ディセンシアの看板商品とも言えるのが「ディセンシア クリーム」です。

クリームが理想的な肌の擬似角層を作ることで、高い保湿効果を保つだけではなくバリア力を高める効果も持っています。

次の角層となる肌の環境を整え、健やかに育てていくことができるのです。

ジャーに入っているディセンシア クリームは、想像していたよりも固めのテクスチャーです。

こっくりとしたクリームを肌に馴染ませていくと、しっかりと肌が覆われるような感覚がありました。

ですが、クリームの重みは感じないので、軽いのに保湿効果が高いこともわかりました。

これが擬似角層で、肌を守っているのかと思うと技術に驚きを隠せません。

スキンケアから一夜明けて、肌の調子は?

夜のスキンケアとしてこれらのアイテムを使用して一夜明けてからの肌の様子をチェックしてみました。

触り心地はもちもちとしており、鏡を見ると、気になっていた毛穴がキュッと引き締まっていました。

乾燥による毛穴の開きが気になっていたのでとても嬉しいです。

朝の洗顔後も肌のもちもち感が続いており、再びディセンシアでのスキンケアをしました。

同じように肌がしっかりと肌の潤いを感じることができました。

毎日続けることで、より乾燥を感じなくなってくるでしょう。

紫外線ダメージから肌を守る日中用美容液「ディセンシア デイ エッセンス」

朝のスキンケアの最後には、「ディセンシア デイ エッセンス」を使います。

紫外線から肌を守る日焼け止めの効果を持ちながら、くすみを取り、明るい肌に見せることができます。

落とすときもクレンジング不要なので、肌に優しい処方となっています。

チューブから出してみると、ピンク色のテクスチャーが出てきました。

肌に伸ばすと肌色とよく馴染み、メイクをした感じは全くありません。

SPF25 PA+++で日焼け止め効果があるのも嬉しいですね。

上からパウダーを重ねると、より肌を守ることができそうです。

これらのアイテムが全部試せるのは「ディセンシア トライアルセット S/C」

どれもいいアイテムばかりですが、いきなり新しいスキンケアアイテムを試すのは勇気がいるという人も多いのではないでしょうか。

そこでおすすめなのが「ディセンシア トライアルセット S/C」です。

前述のアイテムのトライアルサイズが全て入って1,980円で試すことができます。

トライアルサイズなので肌との相性を確かめることもできますし、気になるアイテムを見つけることもできます。

購入は買い切りとなっており、1回購入したら自動的に定期購入に切り替わることはありません。

最近は定期購入の初回が安いという商品が多いため、安価で買い切りの商品を買うことができるのは嬉しいですね。

トライアルセットでディセンシアの効果を実感してみてください。

ディセンシアはどこで買える?

エイジングケア・乾燥肌のケアに効果のあるディセンシアですが、実際に手に取ってみて購入を検討したいという人も多いはずです。

店舗購入などはできるのでしょうか。

ディセンシアが購入できる場所をチェックしてみましょう。

店舗は「DECENCIA 伊勢丹新宿店」のみ

ディセンシアが買える店舗は、東京の伊勢丹新宿店のみとなっております。

実際に行って買える人はかなり限られていますが、店舗ならではのサービスも魅力的です。

実際につけてみて確かめるだけではなく、Potential Finderを用いたカウンセリングができます。

Potential Finderとは、角層に着目した、ディセンシア独自の肌測定です。

肌状態を紐解くことで、理想的な角層に必要な3つの要素が足りているのかどうかをチェックすることができます。

その後、ディセンシアで自分におすすめのアイテムを選んでもらえます。

自分の角層を整えるために必要なアイテムがわかると思うと嬉しいですね。

ディセンシアのアイテムの使用方法もしっかり教えてくれるので、よりスキンケアのモチベーションがアップしますよ。

おすすめアイテムだけではなく、色々なアイテムを試すことができるのも、店舗ならではのメリットです。

オンラインショップならいつでもどこでも注文できる!

東京にしか店舗がないため、実際に店舗に行ける人はかなり限られてしまいます。

行けないという場合は、オンラインショップでの購入がおすすめです。

オンラインショップならどこに住んでいてもディセンシアを購入することができますし、送料も無料なので金額や品数を気にせずに購入できます。

また、リピートしているけれど頼むのが面倒、少しでもお得に購入したいという場合は、定期購入を利用することで10%OFFで購入可能です。

それに加えて、1つでも定期購入で商品を購入していれば、全品10%OFFで購入できるのです。

ディセンシアを使い続けているという人にとっては嬉しいサービスですね。

トライアルセットなどの商品もあるので、店舗が利用できないという場合はオンラインショップでディセンシアを購入してみてください。

ディセンシアがおすすめの人は?

敏感肌でも使えるスキンケア化粧品を探している

ディセンシアがおすすめなのはどんな人なのでしょうか。

まずは、敏感肌でも高機能なスキンケア化粧品を使いたいという人です。

敏感肌の人は、化粧品成分が合わないことが多いためどうしても使用できるスキンケア化粧品が限られてしまいます。

ディセンシアは、これまでにない角層に着目したスキンケアラインです。

それに加え、エイジングケアや保湿ケアもできるためかなり高機能ですが、全ての製品が敏感肌処方となっているため敏感肌でも安心して使うことができるのです。

ですが、どんな敏感肌でも大丈夫とは限らないので、実際に使ってみて合わなかったら使用を中止し、皮膚科医の指示に従うようにしてください。

エイジングケアが気になっている

20代後半、30代になってくるとエイジングケアが気になってくるのではないでしょうか。

今までの化粧品よりも、少し今後の肌を意識した化粧品を使いたいと考え、エイジングケアの成分が入ったものを探すことも多くなってきます。

ディセンシアも、エイジングケアにおすすめなスキンケアラインです。

いくつになっても美しい肌を目指すことができ、角層を潤します。

そして、肌の奥深くにある次の角層になる組織を育てていくのです。

それに、エイジングケアの基本となる保湿成分もばっちりです。

アイテム数も少なく、どのアイテムも取り入れやすいです。好きなものから試してみるのもいいですね。

最先端のスキンケアを試したい

ディセンシアは角層に着目したスキンケアです。

中でもディセンシア クリームは、クリームを肌に塗ることで擬似角層を肌の表面に作り出す、画期的なスキンケア化粧品です。

最近は色々な効果を持つスキンケア化粧品が増えてきていますが、そのような情報に敏感な人にもディセンシアがおすすめです。

ただ肌を潤すだけではなく、擬似角層を作って肌を守るという発想をスキンケアで楽しんでみてください。

新たな発見と感動があるはずですよ。

まとめ

ディセンシアはどんな人にも使えるように敏感肌処方になっています。

ですが、成分や効果はかなり高機能で、保湿ケアやエイジングケアにも効果を発揮します。

肌の角層に着目したスキンケア化粧品なので、今までのスキンケアでは物足りないという人にもおすすめです。

一度、今までにないスキンケア体験をしてみてください。