【DMMオンラインクリニック】オンラインピルとは?特徴や料金など解説

毎日仕事や家事で忙しく、病院に通う時間が中々ないと悩んでいる時でも、自宅にいながら診療を受けられるのがDMMオンラインクリニック「オンラインピル」の魅力です。

様々なメリットがあるため、オンラインクリニックを探している場合はチェックが欠かせません。

今回はこのサービスの知っておきたいポイントなどを詳しく紹介していきます。

本記事はプロモーションが含まれています
本記事を経由してサービスの利用があった場合、掲載企業から紹介手数料を受け取ることがあります。ただし、紹介手数料の有無が本記事の内容や順位に影響を与えることはありません。コンテンツ内容に関しては、株式会社Life Storiesが独自で制作したものです。(コンテンツ編集ポリシー)
人気のある美容医療サービス

・エリシスセンス:MYビューティクリニック

・スキンケア内服薬:eLife(イーライフ)

・医療ダイエット:エミナルクリニック

・切らない二重整形:湘南美容クリニック

スポンサーリンク

DMMオンラインクリニックとは?

DMMオンラインクリニックは、その名の通り、通信サービスなどで知られるDMMが手掛けています。

既存のクリニックと医療提携することで、2021年に誕生しました。

自宅にいながら、経験豊富な医師達の診察を受けられるのが魅力。

通信事業で実績のあるDMMがオンラインシステムを運用しているため細やかな配慮があり、利便性や安全性が高いのも要注目です。

 

【DMMオンラインクリニック】オンラインピルの特徴は?

専門医・薬剤師が監修

多数の医療機関と提携しており、専門医や薬剤師の監修のもとで高品質な診療サービスを提供しているのが特徴です。

色々な分野に精通し、経験豊富な医師が診察しますから、専門性が必要な症状でも安心して相談できるでしょう。

医薬品も薬剤師が監修しているのも心強いですね。

治療の際には医師や薬剤師などが協力して、安全かつ効果の見込める医薬品を探してくれます。

続けやすい価格設定

患者さん思いの価格設定も特徴です。

正規の医薬品をリーズナブルな価格で入手できるため、費用的にも気軽に治療を続けられます。

同じ薬品でもクリニックやネットショップによって購入価格が異なるため、安価な入手手段を探している方はチェックしてみましょう。

最短当日で届く

DMMはオンラインショップも運営しており、物流サービスも得意としています。

DMMオンラインクリニックでもこの強みを生かしており、診察を受けてから最短でその日のうちに配達可能です。

配達先は自宅やコンビニを選べるので、長時間待つ必要もありません。

特にバイク便対応エリアは決済完了から最短数時間で配達できます。

オンラインで完結

全てオンラインで完結できるのも特徴です。

初診の方でも、クリニックや病院に足を運ぶ必要がありません。

PCやスマホなどがあれば、公式サイトから簡単に診療予約を行えます。

オンラインシステムの利便性は高く、診療科目や希望する診療日時の設定も簡単です。

他人に面と向かっては相談しにくい避妊などのデリケートな問題も、オンラインだと打ち明けやすくなるのではないでしょうか。

アフターフォローも充実

診察が終わった後も、効果や症状の変化などについて継続的に相談できます。

薬品が合わなかったり、他の方法を試したかったりと、治療中には色々と相談したくなる方も少なくありません。

そのため、小さな悩みや疑問についても丁寧に対応してくれるアフターフォロー体制の有無も、オンラインクリニックを選ぶ時の判断ポイントと言えます。

【DMMオンラインクリニック】オンラインピルの料金は?

DMMオンラインクリニック「オンラインピル」の料金は下記のようになっています。

診察料は無料、送料が550円かかります。(金額は全て税込表記)

なお、定期便についてはいつでも解約可能で、解約手数料等はかかりません。

低用量ピル・超低用量ピル

定期便 1ヶ月分 3ヶ月分 6ヶ月分
シンフェーズ/28錠 2,178円 3,179円 9,537円
(3,179円/月)
19,074円
(3,179円/月)
トリキュラー/28錠 2,178円 3,179円 9,537円
(3,179円/月)
19,074円
(3,179円/月)
アンジュ/28錠 2,178円 3,179円 9,537円
(3,179円/月)
19,074円
(3,179円/月)
マーベロン/28錠 2,178円 3,179円 9,537円
(3,179円/月)
19,074円
(3,179円/月)
フリウェル配合錠ULD/21錠 2,703円 3,179円 9,537円
(3,179円/月)
19,074円
(3,179円/月)
ドロエチ配合錠/28錠 5,591円 6,578円 19,734円
(6,578円/月)
39,468円
(6,578円/月)
ルナベル配合錠ULD/21錠 9,070円 10,670円 32,010円
(10,670円/月)
64,020円
(10,670円/月)
ヤーズ配合錠/28錠 9,070円 10,670円 32,010円
(10,670円/月)
64,020円
(10,670円/月)
ヤーズフレックス配合錠/28錠 9,977円 11,737円 35,211円
(11,737円/月)
70,422円
(11,737円/月)

ミニピル

定期便 1ヶ月分 3ヶ月分 6ヶ月分
セラゼッタ/28錠 3,721円 4,378円 13,134円
(4,378円/月)
26,268円
(4,378円/月)

中用量ピル

1シート
プラノバール/21錠
(+吐き気止め/21錠)
4,378円

【DMMオンラインクリニック】オンラインピルの受診の流れは?

初診予約

まずは、アカウントを作って診察予約を行います。

アカウント登録は無料で、氏名などの必要情報を入力すれば作成可能です。

診療メニューや希望日時を選べば予約は完了です。

後は、診療開始までに問診票を記入しておきます。

診察当日

診療開始の予定日時までに、マイページにログインしましょう。

予定の時刻になれば診療開始ボタンをクリックできるようになります。

診察を開始したら、ビデオツールでカウンセラーや医師とオンラインで対話可能です。

症状や相談内容から処方する薬の量などを決めて、納得できれば決済して診察は終了します。

後は、自宅などの希望場所に薬品が配達されるのを待つだけです。

薬を追加購入したい場合

手元にある薬を使い切る前に、追加注文も可能です。

分割調剤と呼ばれる仕組みで、一定期間の処方を受けると利用できます。

この方法だと、カウンセラーや医師と対話せずに、オンラインから気軽に申請可能です。

専用のページから簡単な手続きで注文できます。

薬を変更したい場合

追加購入の申請ページから、薬の内容も変更可能です。

ただし、こちらはカウンセラーからの確認が必ず行われるので注意して下さい。

カウンセラーの確認が完了した後に、決済が確定される仕組みです。

【DMMオンラインクリニック】オンラインピルでよくある質問は?

飲み忘れてしまった時はどうしたらいい?

飲み忘れたのが一日以内なら、気付いた時点で一回分を飲むのが基本です。

二回以上の分量を、まとめて飲むのは良くありません。

また、次の薬までの時間が短い時は、連続して飲まないようにしましょう。

短時間で飲むと二回分を服用するのと同じですから、次回分の薬はやめておきます。

なお、食前に服用する薬を、食後に飲み忘れたと気づいた時は次のタイミングまで待つのが無難です。

食後に服用すると効果が得られない可能性があります。

ただし、上記は一般的な対処方法です。

薬の種類によっては対処方法が異なる場合もあるので注意しましょう。

どのくらいで効果が出る?

薬品の効果が現れる時期は、医師やカウンセラーに相談しましょう。

どの程度の服用期間でどれ位の効果が見込めるのか、説明してくれるはずです。

例えば、低用量ピルなら生理がはじまって五日までに使いはじめると、服用して一週間ほどで効果が期待できます。

ただ、個人差や薬の種類によっても違いがありますから、注意して下さい。

ホルモンバランスが崩れたりしない?

ピルを服用して生理の日が変わっても、周期は乱れないのが一般的です。

逆に女性ホルモンのバランスが乱れている時に、ピルを使って安定させ、生理周期をコントロールする場合もあります。

もちろん、例外的にピルのせいでバランスが乱れる場合もなくはありません。

この点、ホルモンバランスや副作用などの心配がある時は、専門家に相談しやすいオンラインクリニックだと安心感があります。

【DMMオンラインクリニック】オンラインピルはこんな人におすすめ!

腹痛や肌荒れに悩んでいる

DMMオンラインクリニックは、腹痛や肌荒れで悩んでいる方におすすめです。

漢方薬や低用量ピルなどに詳しい専門家と提携しているので、皮膚や美容についても相談できます。

生理からくる腹痛などの辛い症状がある時には、色々な解決方法を検討してくれるはずです。

旅行やサロンの予定を立てられない

生理の症状が酷くて、旅行やサロンの計画が立てられない方にもおすすめできます。

ピルを利用すると生理を遅らせたり、周期を安定させたりできるので、計画が立てやすくなるでしょう。

体調は問題なくても、経血の漏れなどが気になって温泉やプールが心配な場合にも適しています。

DMMオンラインクリニックでは専門家に相談できるため、いつ服用しはじめれば良いかなど有効なアドバイスをもらえるでしょう。

まだ妊娠はしたくない

人生設計において、まだ子供を作る計画がない時にもピルが役立ちます。

たとえ男性が避妊具を装着していても、万が一の事故があるためです。

また、生理不順のせいで排卵日が何時になるかわからず、安心して行為できない時にも役立ちます。

ただし、自己判断でピルを服用しても避妊できないケースもありますから、医師やカウンセラーに相談の上、最適な方法を探すようにしましょう。

まとめ

DMMオンラインクリニックは大手通信会社が手掛けており、多数の医療機関と提携している信頼性の高さが魅力です。

コストや手軽さ、セキュリティーなどにも利点があります。

オンラインクリニックはサービスごとに利点が異なるので、色々比較して、自身にあったサービスを選びましょう。