オフィスカジュアルの着こなし方は?悪い例や注意するポイントも紹介

オフィスカジュアルというとどのような服装のことなのか、基準がよくわからないという方も多いことでしょう。

洋服選びには、自分の好みだけでなく他人の目にも気を使わなくてはいけません。

毎日仕事に行く上で、欠かせないものといえます。

ここでは、そんなオフィスカジュアルにふさわしい服装や、注意したほうが良いポイントなどについて紹介します。

本記事はプロモーションが含まれています
本記事を経由してサービスの利用があった場合、掲載企業から紹介手数料を受け取ることがあります。ただし、紹介手数料の有無が本記事の内容や順位に影響を与えることはありません。コンテンツ内容に関しては、株式会社Life Storiesが独自で制作したものです。(コンテンツ編集ポリシー)
【PR】GLP-1最安値はクリニックフォア

内服薬(税込) リベルサス3mg:7,028円〜
※クーポン利用、定期配送プラン
注射薬(税込) オゼンピック2mg:13,365円〜
※クーポン利用、3本セットプラン
診療時間 24時間対応
配送料 550円
  • リベルサス、オゼンピックが最安値
  • オンライン診療で便利
  • 最短翌日配送が可能
  • 定期配送で継続治療できる
  • GLP-1内服薬と注射薬に対応
スポンサーリンク

オフィスカジュアルって?

基本的には、通勤時や仕事をする時の服装

オフィスカジュアルとは、通勤時や仕事をする時の服装のことです。

ビジネスカジュアルとも言われています。

スーツよりは少し崩した服装であり、それでいて、お客様の対応などにはふさわしいことが求められます。

会社によっては指定の制服が支給され、勤務時は制服の着用が義務づけられる場合もありますが、制服の無い会社の場合、勤務の際の服装は個人に任されることになります。

仕事に着ていく服を自分で選ぶ場合、選択肢となるのが、オフィスカジュアルと呼ばれるファッションなのです。

オフィスカジュアルの考え方

それぞれの職場の業種や経営者の考え方、担当の部署によっても違いは出てきますが、基本的に社会人としてのマナーの範囲内で、制服やスーツよりも少しカジュアルさを取り込んだファッションということになるでしょう。

フォーマルな場所に着ていくようなおしゃれをする必要はないけれど、普段着のような服装もふさわしくありません。

また、仕事の内容にもよりますが、動きやすい服装のほうが良い場合もあります。

一日中着ていることになるオフィスカジュアルは、過ごしやすいかどうかにも重点を置いて選ぶ必要があります。

ここがポイント!

オフィスカジュアルは、仕事の場面で、お客様や取引先などに不快感を与えないファッションであることが大前提となります。

動きやすさを意識しながらも、上品で清楚な雰囲気のファッションを心掛けると印象が良くなります。

オフィスカジュアルの基本的な着こなし方

一般的な組み合わせ方

まず、無難なところとしては、カーディガンやシャツ、ジャケットなどに、スカートやパンツを組み合わせるのが一般的でしょう。

あくまでもプライベートではなく、仕事であるということを意識して選ぶことが大切です。

オフィスカジュアルには、はっきりとした基準があるわけではありません。

他の会社では普通に着られているファッションが、自分の会社では良く思われないということもあり得ます。

そのため、同じ職場の先輩や同僚などの服装を見て、その会社にふさわしいファッションを選ぶようにするのが、良い方法であるといえます。

洋服のデザインは?

デザインは、シンプルなものが良いでしょう。

シワになりにくいもののほうが、動きやすいかもしれません。

色はブラックやホワイト、グレーなどのベーシックなものを基本にすると、きちんとした印象になります。

ベージュやネイビーなどの色も、オフィスカジュアルにはふさわしい色といえます。

さらに全体で2色か3色以内にまとめるようにすると、すっきりした感じに見えますよ。

柄については、できる限り無地のものを選ぶのが良いでしょう。

細めのストライプのような、目立たない柄であれば良いですが、できれば無地のものを選ぶほうが着回しもしやすくなります。

スカートや足元はどうする?

スカートは、膝が隠れるくらいの丈のものを選ぶのがベストです。

流行を追いすぎず、シンプルなデザインのものがふさわしいといえます。

どのようなファッションにも合うシャツやブラウス、カットソーなどを1着持っておくのも便利です。

着回しがきくように、手持ちの服を考えながら買い足していくのがおすすめです。

そして、足元にも気を遣う必要があります。

シューズは、パンプスを履く場合にはヒールの高さも大切です。

オフィスでは、あまり高くないもののほうが好ましいです。

低めのヒールであれば、まず間違いありません。

オフィスカジュアルの悪い例は?

シワやヨレヨレの服はNG!

仕事に着ていくファッションですので、カジュアルといっても気を付けなければいけないポイントがあります。

悪い例としては、まずはシワになっている服ヨレヨレの服などが挙げられます。

だらしない印象を与えてしまいますので、動いてもシワになりにくい素材のものを選ぶか、きちんとアイロンをかけて着るように心がけましょう。

派手な色合いや、大きな柄の入った奇抜なデザインなども、オフィスでは避けた方が無難です。

サンダルはNG!

足元についても、スニーカーやつま先が見えるサンダルなどは、避けたほうが良いでしょう。

動きにくいハイヒールや派手なデザインのものは、オフィスカジュアルとしては悪い例になります。

基本的に派手なものはNG!

メイクやヘアスタイルも、派手なものはNGです。

アクセサリーなども、あまりに目立つ派手なものはオフィスにはふさわしくありません。

また、帽子を被るのも、ビジネスにおいては厳禁です。

オフィスカジュアルで注意しておきたいポイント

1.露出の多い服装は注意

オフショルダーやミニスカートなど、露出の多いファッションには気を付けたいところです。

ぴったりとした、体のラインが出すぎるものも避けた方が無難です。

露出のあるものを着る場合はカーディガンやジャケットなど、上に羽織れるものを1枚持っておくのが良い方法です。

2.服の色にも気をつける

ビビッドすぎるカラーなど、オフィスの中で目立ってしまうようなものは避けた方が良いでしょう。

鮮やかな色を取り入れたい場合は、ベルトなどの小物を利用するとバランスが良くなります。

全体の印象の半分以上を占める洋服の色は、ブラックやベージュなどのベーシックな色合いがベストです。

3.カジュアル過ぎにも注意

ジーンズやスニーカーなど、カジュアル過ぎるスタイルも、オフィスでは注意が必要です。

基本的に、デニム素材はオフィスでは避けた方が無難です。

派手すぎないということも、オフィスカジュアルにおいては大切な要素です。

プライベートでの服装とは分けて考えることが大事です。

オフィスカジュアルのボーダーラインは?

オフィスカジュアルか、プライベートでのカジュアルファッションかのボーダーラインを判断するのは、なかなか難しいところでもあります。

例えばワンピースについては特に問題ありませんが、ベルトの形が派手なものは避けたほうが良いなどの配慮が必要です。

あくまでも、ビジネスの場にふさわしい服装かどうかという目線で判断することが大切になります。

流行のものを選ぶというより、仕事の場で信頼してもらえるようなスタイルを意識してコーディネートするとうまくいきやすいです。

企業によっても、ボーダーラインには違いが出る場合があります。

ここがポイント!

まずは無難なアイテムを揃えるようにして職場の雰囲気や先輩、同僚のファッションなどを参考にして様子を見ながら、徐々に個性を出していくのが良い選択です。

オフィスカジュアルを成功させるには?

オフィスカジュアルは毎日のことですので、服選びに悩んでしまうこともあるかもしれません。

そんな時には、ファッションレンタルを利用するのも1つの方法です。

プロのスタイリストが、1人1人の好みや悩み、利用シーンに合わせたコーディネートを届けてくれるサービスです。

希望のスタイルを取り入れながらも、プロの目によって、自分に合う新たなファッションを見つけてもらえるチャンスにもなります。