HPCひまわりクリニックのピコレーザーの特徴は?施術の流れ・おすすめな人など

シミやシワといったお肌の悩みは尽きないものですが、老化だからと諦める必要はありません。

美容系の治療器具は常に進化しており、気軽に治療に足を運べるようになってきています。

中でもHPCひまわりクリニックは、様々な治療法を駆使して患者の悩みに真摯に向き合ってくれることに定評のあるクリニックです。

一体、どのような治療法をおこなってくれるのでしょうか。

本記事はプロモーションが含まれています
本記事を経由してサービスの利用があった場合、掲載企業から紹介手数料を受け取ることがあります。ただし、紹介手数料の有無が本記事の内容や順位に影響を与えることはありません。コンテンツ内容に関しては、株式会社Life Storiesが独自で制作したものです。(コンテンツ編集ポリシー)
人気のある美容医療サービス

・エリシスセンス:MYビューティクリニック

・スキンケア内服薬:eLife(イーライフ)

・医療ダイエット:エミナルクリニック

・切らない二重整形:湘南美容クリニック

スポンサーリンク

HPCひまわりクリニックとは?

肌トラブルにも身近なかかりつけ医の存在が必要という考えを持っているのが、HPCひまわりクリニックです。

美容医療もあらゆる悩みを総合的に判断することで問題解決に導くことを重視しており、そのためのカウンセリングには特に力を入れています。

効果や質にこだわった施術機器や製剤には最新のものを取り入れており、豊富にある治療ラインナップの中から患者の悩みを解決するための治療内容をセレクトしていくカスタマイズ治療方式が特徴です。

また、施術内容を丁寧に説明するのはもちろんのことですが、気軽に世間話ができるようなリラックスした空気づくりも大切にしています。

病は気からと言うように、モチベーションを高めていくのも治療効果に良い結果をもたらすからです。

ただ治療には100%というものはなく、状態によっては治療が困難になるケースもあります。

その中で患者に納得して頂けるような治療を選択し、美しく年齢を重ねるお手伝いができるようにするのがHPCひまわりクリニックのポリシーなのです。

 

エンライトンIIIを導入

HPCひまわりクリニックでは、高い治療効果のあるレーザー治療機器「エンライトンIII」を導入しています。

エンライトンIIIはアメリカFDAの認可のピコ秒レーザーで、ピコは一兆分の一秒というとてつもない短い時間の長さを表す単位です。

これにより今まで以上に肌への負担が低減するので、気になるシミやそばかすなどを早く、そしてキレイに消し去ることができる革命的なレーザーです。

治療の対象となるのは、しみ・そばかす・肝斑・くすみ・色むら・色素沈着・あざ・タトゥー・アートメイクなどですが、他にも毛穴の縮小・しわ・小じわの改善効果もあります。

エンライトンIIIの凄さは、皮膚に対する熱ダメージを限りなく抑えるだけではなく「衝撃波」にあります。

衝撃波のもたらす作用で色素を細かく粉砕することが可能なため、他の方法では治療が難しかったシミや薄い色むらなどへの効果も期待できます。

また、短い時間でピンポイントに当てることで、周りの正常な皮膚にほとんどダメージを与えることがありません。

そのため、刺激を受けた肌を落ち着かせるダウンタイムも抑えられるのです。

エンライトンIIIのポイントは?

短い照射時間

これまではシミやタトゥーの除去に使用していたレーザー機器では、ナノ秒が限界でした。

その限界を突破したのがエンライトンIIIです。

ナノ秒の1000分の1の速さでのレーザー照射を実現できるようになったので、より小さな標的を狙って治療することが可能になりました。

治療範囲を絞り、非常に短い時間の照射で済むので痛みも少なく治療することができます。

小さな粒子も粉砕

元々メラニンが少ないシミは色素が小さいので今まで破壊するのが難しかったのですが、エンライトンIIIなら小さい粒子でも粉砕する事が可能になりました。

衝撃波によって極小レベルまで粉砕された色素は、代謝機能により体外に排出されやすくなるので治療期間も短くなります。

リスクが少ない

エンライトンIIIはピコ秒という短い時間でピンポイント照射ができるので、治療箇所以外の周囲の組織への熱影響を非常に少なく抑えることができます。

そのため、レーザー治療でのリスクとなる色素沈着を低く抑えることができるのです。

マルチカラータトゥーにも対応

これまでのレーザーの波長のタイプはふたつあり、532nmと1064nmだけでした。

新たに670nmの波長が加わることで、カラータトゥーや刺青の治療バリエーションが増えました。

532nmには赤・橙・黄、1064nmには緑・青・紫で対応していましたが、670nmには茶・黒が対応できることでほぼ全色のタトゥーをカバーできるようになりました。

エンライトンIIIならば、従来の機器では難しいとされていたマルチカラータトゥーの除去治療に優れた効果を発揮してくれます。

3種類の治療方法は?

トーニング

レーザーの出力を弱く抑えて照射する治療法です。

肌に当てることで、中の黒ずみを消していきます。

シミの素であるメラニンの生成を抑える効果もあるので、シミの予防にもつながります。

回数を重ねることで肝斑のように目元に広がるシミの改善も可能です。

シミが消えるだけではなく、肌全体が明るくなるので美白治療としても優秀です。

フラクショナル

なかなか治りにくい毛穴の開きやニキビ跡などの治療に効果的な治療法で、フラクショナルは肌の凹凸を整えて滑らかにしていきます。

真皮のコラーゲンの増生による小じわの改善効果もあり、アンチエイジングとして肌を美しく保つ手伝いをしてくれます。

スポット

トーニングとは反対に出力が強いレーザーでシミを改善していく治療法です。

威力が強いので即効性があり、シミ・ほくろ・刺青・アートメイクなど特に色素の強い部分に効果があります。

その分痛みを感じやすくなったり、副作用のリスクも上がりますので肌質など治療に向いているかカウンセリングでチェックします。

HPCひまわりクリニックの施術の流れは?

診察

HPCひまわりクリニックは完全予約制なので、まずは事前予約が必要になります。

当日は受付で問診票の記入をし、カウンセリングに入る前に洗顔をします。

肌の状態をきちんと調べるためなので、メイクも落としておきます。

カウンセリングでは、患者の悩みに合わせて細かく診察していきます。

そこで個々に合わせた治療法の提案や料金の説明をするので、希望に沿って治療方針を決めていきます。

疑問点や不安なことがあれば、ここで遠慮なく伝えておきましょう。

施術

施術では、治療方針に沿って適切な波長、出力のピコレーザーで1ヵ所ずつ又は全体に照射します。

施術箇所や範囲によって時間は変わりますが、負担がかからないように長時間は行いません。

施術後は若干肌の赤みがありますが、パウダールームでメイクも可能です。

会計と他の治療が残っていれば次回の予約をして終了となります。

施術後は肌が敏感になっているので、紫外線対策は重要です。

そのため、日焼け止めが欠かせません。

HPCひまわりクリニックはこんな人におすすめ!

シミやくすみが気になってきた

歳を重ねていくと、どんなにケアを気をつけていてもシミやくすみは自然と浮き出てしまうものです。

メイクで隠してしまうのも良いですが、治療で消すことができれば、鏡を見て落ち込む必要もなくなりストレスフリーになります。

気になることがひとつでもあるのなら、まずはカウンセリングだけでも試して見るのがおすすめです。

前に治療したけど思ったのと違った

クリニックによっては、扱う機材も施術の方法には違いがあるものです。

その時の肌の状態にもよるのでしょうが、必ずしも希望通りに叶うとは限らないでしょう。

治る可能性は十分に残されていますので、そこでがっかりしてしまっても諦めなくてもいいのです。

最新の治療機器を揃えたクリニックが、治療に訪れるのを待っています。

まとめ

目に見えるシミやシワといった隠しきれない老化現象も、施術によって劇的に変化することが可能になってきました。

エンライトンIIIのように最新機器も取り揃えたHPCひまわりクリニックでしっかりとカウンセリングを受けてみれば、気づかなかった肌トラブルにも対応できるようになります。

日常生活を楽しく彩る上でも、まずは一歩を踏み出してみませんか。