MOTHER Braceletってどうなの?特徴・注意点・おすすめな人など紹介

最近流行りのウェアラブル端末ですが、その中でも大きな注目を集めているのがMOTHER Braceletです。

この名前を聞いたことはあっても、具体的にどういった性能を持っているかは知らないという方も多いのではないでしょうか。

そこでMOTHER Braceletの特徴を解説していきます。

これまでにウェアラブル端末を使用したことがない方もぜひ参考にしてみてください。

本記事はプロモーションが含まれています
本記事を経由してサービスの利用があった場合、掲載企業から紹介手数料を受け取ることがあります。ただし、紹介手数料の有無が本記事の内容や順位に影響を与えることはありません。コンテンツ内容に関しては、株式会社Life Storiesが独自で制作したものです。(コンテンツ編集ポリシー)
人気のある美容医療サービス

・エリシスセンス:MYビューティクリニック

・スキンケア内服薬:eLife(イーライフ)

・医療ダイエット:エミナルクリニック

・切らない二重整形:湘南美容クリニック

スポンサーリンク

MOTHER Braceletとは?

MOTHER Braceletは株式会社メディロムからリリースされているウェアラブル端末です。

ウェアラブル端末は様々な会社から販売されているので、今や珍しいものではありませんが、このMOTHER Braceletには、充電が不要であること等を含めた特有の魅力がたくさんあります。

そのため、大きく注目を集めています。

MOTHER Braceletはその発売にあたってクラウドファンディングを行い、ヘルステック・ウェアラブルガジェット部門にて歴代1位を記録しています。

それほどまでに大きな期待を背負っている商品で、発売以降、その期待を上回る人気を獲得しています。

MOTHER Braceletの特徴は?

充電不要

MOTHER Braceletの最大の特徴とも言えるのが充電が不要であることです。

ウェアラブル端末はその性能の都合上、24時間ずっと身に着けておくことで真の効果を発揮します。

そのため、充電時間は大きなロスとなってしまいます。

そこでMOTHER Braceletでは、体温によって発電することで充電不要を実現しました。

ずっと着けっぱなしにしていても機能し続けることで扱いが簡単です。

体温発電を行っている間も体には何の影響もないので安心できます。

一般的な時計には太陽光発電の機能が搭載されていることがあります。

太陽光発電は便利ですが、雨や夜になると発電が難しくなるといった点もありました。

そこでMOTHER Braceletでは体温に着目し、そこから必要なエネルギーを得られる機能を作り出しています。

生きている限り、体温は朝でも夜でも必ず存在し続けるものなので、この発電機能は非常に信用できると言えるでしょう。

シンプルなデザイン

シンプルなデザインも人気に繋がっています。

ウェアラブル端末はたくさんの会社からリリースされていることもあり、各社は差別化を行うために斬新なデザインを生み出すこともあります。

しかし、斬新なデザインはどうしても目立ってしまうので、使いづらくなってしまうことも少なくありません。

MOTHER Braceletはフォーマルでもカジュアルでも馴染むシンプルなデザインが特徴です。

どんな服ともマッチするので気軽に装着し続けることが出来ます。

また、そのシンプルなデザイン自体もかっこいいとの評価を度々受けています。

時計と通知はオフ

MOTHER Braceletの機能は歩数、睡眠、体表温、心拍数、消費カロリーの5つに絞られています。

無駄な機能を省くことによってバッテリーへの負荷を軽減し、動作を軽くすることに成功しました。

その結果、時計と通知の機能は搭載されていません。

これらはスマートフォンを見るだけでわかることなので、MOTHER Braceletにはあえて組み込まれませんでした。

本当に必要な機能だけを搭載していることは極めて合理的と言えるでしょう。

通知がたくさん来て困るといったこともありません。

MOTHER Braceletの注意点は?

アプリはまだ発展途上

MOTHER Braceletはアプリと同期させることでその性能を発揮しますが、同期アプリについては発展途上の部分もあります。

これはMOTHER Braceletがウェアラブル端末としては比較的新しい部類に含まれており、ここからアプリが充実していくという途上にあるからです。

逆に言えば、さらに良くなっていく可能性が高いとも言えます。

アプリが発展途上であることはデメリットの部分ではありますが、どんなウェアラブル端末でも最初は発展途上から始まるのでMOTHER Braceletだけのことではありません。

非常に高い可能性を秘めたウェアラブル端末と言えるでしょう。

バンドが外れやすい

MOTHER Braceletにはウェアラブル端末としては少し珍しい突起があります。

これは手に当たったりするものではないので、装着後の違和感にはなりません。

しかし、若干バンドが外れやすいというデメリットに繋がっています。

手首の太さや形には個人差があるので一概には言えませんが、相性が悪いと少し外れやすさを感じるかもしれません。

価格が高め

MOTHER Braceletの販売価格は45,000円ほどとなっています。

これはウェアラブル端末の中ではやや高い方と言えるかもしれません。

ただし、MOTHER Braceletには体温充電という最新の技術が使用されているので、少し値段が張ることは仕方ない部分もあります。

加えて新しいウェアラブル端末なのでディスカウントされづらいことも、値段の高さに繋がっています。

とはいえ、値段の高さを補って余るほどの性能を持っているウェアラブル端末なので買って損はないと言えるでしょう。

MOTHER Braceletでよくある質問は?

計測できる項目は?

計測できる項目は歩数、睡眠、体表温、心拍数、消費カロリーの5つです。

体の調子を知る上で役立つ項目ばかりが揃っています。

歩数については体の振動を読み取るセンサーがついており、本当に歩いているときだけを記録します。

なので、ダイエットをしたいという方にもまさにうってつけのウェアラブル端末です。

バンドは交換できる?

MOTHER Braceletのバンドは交換できるように作られています。

交換可能なバンドを購入すれば、特別な技術が無くても交換をすることが出来ます。

株式会社メディロムは交換バンドのバリエーションも展開していくと公言しており、さらにおしゃれなバンドに変更できることも期待されます。

自分の腕に合うバンドを選ぶことでおしゃれ度を上げるだけでなく、外れにくくすることも可能となります。

対応してるOSは?

MOTHER BraceletはiOSとAndroidの両方に対応しています。

iOSの場合には13以上Androidであれば7.0以上にアップデートする必要があります。

iPhoneやAndroidを通常通りにアップデートしていれば、この水準は簡単に満たすことが出来るので安心です。

MOTHER Braceletはこんな人におすすめ!

生活習慣を改善したい

MOTHER Braceletを使用することで自分の生活でのデータが自動的に保存されていきます。

そのため、必然的に自分の生活習慣と向き合うことが出来ます。

つい寝すぎてしまったり、運動不足になってしまったりする方が生活習慣改善のために使用するにはうってつけです。

充電が面倒くさい

充電が面倒な方にもぴったりです。

一般的なウェアラブル端末であれば定期的な充電が必要となり、それが手間で着けるのをやめてしまったという方もいるのではないでしょうか。

MOTHER Braceletは、体温で自動的に充電がなされるので手間がありません。

気軽な気持ちで続けやすいウェアラブル端末です。

手軽に生活習慣を改善できるウェアラブル端末

仕事や学業に追われてなかなか生活習慣を改善出来ないという方は珍しくありません。

MOTHER Braceletであれば着けるだけで自分の生活習慣と向き合い、改善を意識づけることが出来ます。

うっかり充電を忘れていて使えないといったことが起こらないこともメリットです。

操作も簡単なので電子機器がちょっと苦手という方にもおすすめ出来るウェアラブル端末と言えるでしょう。