七田式通信教育 幼児コースの特徴は?コースの流れ・よくある質問など紹介

現代社会では、インターネットの登場によって、必要とされる人材も以前とは変わってきています。

七田式通信教育では高い学力を目指すだけではなく、他者との協調性や優れた人間性を持つ子どもを育てています。

ではこれからの時代に必要な子どもを育てる七田式通信教育には、どのような魅力があるのでしょうか。

本記事はプロモーションが含まれています
本記事を経由してサービスの利用があった場合、掲載企業から紹介手数料を受け取ることがあります。ただし、紹介手数料の有無が本記事の内容や順位に影響を与えることはありません。コンテンツ内容に関しては、株式会社Life Storiesが独自で制作したものです。(コンテンツ編集ポリシー)
【PR】GLP-1最安値はクリニックフォア

内服薬(税込) リベルサス3mg:7,028円〜
※クーポン利用、定期配送プラン
注射薬(税込) オゼンピック2mg:13,365円〜
※クーポン利用、3本セットプラン
診療時間 24時間対応
配送料 550円
  • リベルサス、オゼンピックが最安値
  • オンライン診療で便利
  • 最短翌日配送が可能
  • 定期配送で継続治療できる
  • GLP-1内服薬と注射薬に対応
スポンサーリンク

七田式通信教育とは?

七田式通信教育が提供しているのは、従来の知識を詰め込むだけの教育ではありません。

子どもたちが夢や志を持って、社会で活躍できる人材を育てる教育方針になっています。

子どもが本来持っている能力を引き出せる独自のプログラムを実践しているのです。

徹底的なこだわり

子どもに合わせた教育をするために、教材の制作やプロデュースから行うこだわりがあります。

大切なのは難しい内容を詰め込むのではなく、子どもが楽しみながら遊びを通して自然に学べる教材です。

学びを好きになって本当に力が育つ教材を独自開発することで、成果につながる教育ができる環境になっています。

自宅でも教室でも学べる

七田式通信教育では、学習のスタイルを選べることで家庭に合わせた学びが提供できるという特徴もあげられます。

例えば通信教育を選べば、専任スタッフのサポートを受けながら自宅で七田式に取り組めます。

専任スタッフのサポートがあることで、自宅での学習でも教室に通う形式のレッスンと変わらないクオリティを保つことが可能です。

 

七田式通信教育の幼児コースの特徴は?

七田式の幼児教育は、国内だけではなく世界19ヵ国でも採用されている実績があります。

その実績を活かし、通信でも幼児教育ができる仕組みを整えています。

月齢に合わせた教材

七田式通信教育の特徴の1つが、月齢に合わせた教材からスタートできるという点です。

月齢で細かく教材を区切ることで、子どもの成長度合いに合わせた適切な教材を提供することにつながります。

バランスよく能力を伸ばす

また七田式通信教育の幼児教育は、1つの内容に特化するのではなく、5つの分野をバランスよく育てられるような工夫があります。

空間認識力や文字の学習、右脳を鍛えるなどの5つの分野を子どもは楽しみながら自然と学ぶことが可能です。

1日20分で学べる

さらに七田式通信教育は、1日あたり20分の取り組みになります。

CDで九九の暗唱やひらがなをリズムに乗せて書くなど、子どもが楽しみながら始められるので、保護者は無理なく子どもの生活リズムの中に学習を取り入れることが可能です。

確実に成果が出る3つの理由とは?

脳の黄金期に働きかけている

七田式通信教育で成果が出る1つ目の理由が、0歳教育で「脳の黄金期」に働きかけているからです。

実は、人間の脳の90%が作られるのが0歳~6歳までの間です。

この期間に受けた教育が優れていれば、子どもの将来の成長へとつなげやすくなります。

七田式教育では、無限の才能や吸収力を持つ「脳の黄金期」に、能力を引き出すための働きかけをしているため、成果が期待できるのです。

生活面でも成長できる

また七田式通信教育では、月齢に合わせたプログラムによって、子どもの成長に合わせた取り組みを提供することで、成果が出やすい環境を整えています。

学力だけではなく、生活面のしつけやマナーも含めて子どもの成長につながる内容が学習できる教材です。

サポート体制が充実

さらに成果につながる理由の3つ目が、サポート体制が充実していることです。

サポート体制が充実していることで、保護者から見ても利用しやすいプログラムになります。

保護者は気軽に専任スタッフへ相談でき、会員専用サイトでは教材の使い方を動画でチェックすることも可能です。

コース受講の流れは?

ホームページから注文

七田式通信教育を利用したいなら、まず最初にホームページから商品の注文を行いましょう。

注文後に入会前アンケートが届くので、メールで返信します。

そして内容確認後に、子どもの年齢に合わせた教材が送られてくる仕組みです。

実際に教材が届いたら、まずは取り組みガイドを確認しましょう。

取り組みガイドを確認することで、どのような流れで利用していけばいいのか把握できます。

使い方に沿って進める

実際の取り組みでは、会員専用のマイページで教材の使い方や説明動画が見られます。

使い方に沿って進めるだけなので、幼児教育が初めてで不安な方でも無理なく進めることが可能です。

そして、取り組みが終了したらマイページに記録していきましょう。

記録することで、成果や頑張った結果が確認できるため、モチベーションも維持しやすくなります。

能力検査を受ける

3ヶ月に1回、七田式能力検査を受検して結果を見ることで、子どもの成長と発達を確認できます。

子どもが苦手な分野や得意な内容を把握し、これからの成長につなげられるようにしましょう。

幼児コースで良くある質問は?

Q. 0歳の子どもの教育は何から始めればいいですか?

0歳~3歳の子どもは右脳優先で脳が動いていると言われています。

右脳の能力を鍛えるためのドッツや絵カードを使って、情報を簡単に記憶・再現できる能力を育てていきましょう。

Q. カードは1日何枚くらい見せればいいですか?

絵カードを見せる枚数に決まりはありませんが、子どもが興味を持てる無理のない枚数を選びます。

手引書には30~100枚が目安とありますが、慣れるまでは10枚くらいの枚数から始めましょう。

Q. 子供がもう5歳ですが大丈夫ですか?

七田式通信教育では、年齢に合った取り組みを提供しています。

5歳からでも七田式通信教育を利用して子どもの能力を引き出していくことは可能です。

七田式通信教育はこんな人におすすめ!

子どもの可能性を広げたい人

七田式通信教育は、子どもの能力を引き出してこれからの社会で活躍できる人材を育てたいという方に適した教材になっています。

就学前に幼児教育を受けることで、子どもの可能性を広げることが可能です。

脳の成長しやすい時期に幼児教育を実践して、将来の可能性を少しでも広げられるようにしましょう。

何から始めたらいいかわからない人

幼児教育に興味を持っていても、何から始めたらいいかわからないという方もいるでしょう。

そのような方でも、七田式通信教育の教材を使うことで今の子どもの年齢に合った教育ができます。

子育ての悩みや不安を相談できる環境も整っているため、安心して利用することができますよ。

子どもの未来の可能性を引き出そう!

幼児教育は必要ないと考えている方もいるかもしれません。

しかし、人間の脳の90%が決まる0歳~6歳の間に必要な教育をすることは、子どもの未来の可能性を引き出すために大切なことです。

七田式通信教育では、子どもの可能性を引き出せる独自の教材を用意しています。

月齢に合わせたプログラムで、子どもに合った幼児教育を始めてみましょう。