Z会のプログラミング講座ってどうなの?学べる内容・口コミなど紹介

小学校でもプログラミングが必修化され、早いうちからプログラミングを習得できるよう子供に基礎知識をつけさせたいと考えている親御さんも多いでしょう。

Z会プログラミング講座は、プログラミングの基礎知識を楽しみながら学べる講座として人気です。

そこでこの記事では、Z会プログラミング講座の特徴や受講料、口コミなどについて詳しくご紹介していきます。

本記事はプロモーションが含まれています
本記事を経由してサービスの利用があった場合、掲載企業から紹介手数料を受け取ることがあります。ただし、紹介手数料の有無が本記事の内容や順位に影響を与えることはありません。コンテンツ内容に関しては、株式会社Life Storiesが独自で制作したものです。(コンテンツ編集ポリシー)
人気のある美容医療サービス

・エリシスセンス:MYビューティクリニック

・スキンケア内服薬:eLife(イーライフ)

・医療ダイエット:エミナルクリニック

・切らない二重整形:湘南美容クリニック

スポンサーリンク

Z会プログラミング講座とは?

Z会プログラミング講座は、単にプログラミングの知識を詰め込むのではなく、楽しみながらプログラミングについて学ぶことをコンセプトとした講座です。

子供が玩具として遊んでいるレゴブロックを使い、ロボットを作り、動かすことで自然にプログラミングを身につけることが可能です。

通信講座なので家にいながら学べるため、好きな時間に学ぶことができます。

親御さんは、スクールに送り迎えする必要もありません。

 

Z会プログラミング講座で学べることは?

人生のあらゆる問題を解決するための想像力

小学校のプログラミングの授業においては、プログラムのスキルよりもプログラミングを通して論理的な思考や想像力、粘り強さなどを培うことが求められています。

そのため、Z会プログラミング講座はそれらを考慮に入れたカリキュラムを組んでいます。

思考力や想像力を膨らませ粘り強く挑戦してロボットを組み立て、問題を解決するための能力を研ぎ澄ますことが可能です。

また、将来的に人生のあらゆる問題をひらめきや思考、想像力で解決できるようなカリキュラムとなっています。

物理的なバランス感覚や空間認識力

ロボットを組み立てる作業によって、想像力や思考力だけでなく物理的なバランス感覚や空間認識力を培うことも可能です。

細かい作業も多く手先を器用に動かすスキルも身につけられるほか、図面を見ながら組み立てることで図形の読解力や空間の認識力も高まります。

数学や工学の知識

Z会プログラミング講座では、ロボットを組み立てることにより、モーターやセンサーの働きについて体感的に学ぶことができます。

机上のセオリーではなく、実際に制作する過程でスキルを身につけられるので、生きた知識として脳内に残ります。

Z会プログラミング講座の特徴は?

Z会プログラミング講座は、子供たちがプログラミングスキルを楽しく身につけられる3つの特徴があります。

質の高い教材

Z会プログラミング講座は、子供が学習しやすい高品質の教材が特徴です。

直接書き込めるタイプの教材なので、別でノートを用意する必要もなく簡単に始められます。

つまずきやすい箇所や理解しにくい箇所をわかりやすく解説し、しっかりと理解した上で次のステップへ進む学習方式となっています。

キャラクターや写真など、視覚的に楽しめる内容なので堅苦しく感じずに学べるでしょう。

プログラミング的思考を身につける4つのステップ

ロボットを組み立てる・作動させる・進化させるという3つのステップを行った後、最終ステップの「チャレンジ」において学んだことを振り返り知識を定着させる学習法です。

ロボットを作ったり、動かしたりしただけで満足するのではなく、体験を通して得たプログラミングのスキルを真の知識として習得することができます。

自由度の高いカリキュラム

Z会プログラミング講座は、1ヶ月に2テーマ+ミッションというカリキュラムで構成されています。

1つのテーマは90分から150分で取り組めるので、毎日20分程度、もしくは週末に集中的に行うなど、子供の性格やスケジュールに合わせて自由な学び方ができます。

1つのテーマは4つから5つの細かい工程に分かれているため、計画的に学習することも可能です。

習い事をして忙しい子供でも、時間を見つけて学べます。

Z会プログラミング講座の受講料は?

Z会プログラミング講座の受講料は、コースや支払い方法によって異なります。

価格の記載は全て税込となっています。

基礎編

基礎編にはレゴのWeDo2.0キット、ワークブック、保護者用ガイドが含まれます。

受講料は毎月払いの場合は月額5,500円、12ヶ月分の一括払いの場合は56,100円となります。

一括払いにすると1ヶ月当たりの受講料は4,675円なので少しお得ですね。

また、初回のみレゴのWeDo2.0キットの費用として22,000円が必要です。

標準編

標準編にはレゴのSPIKEプライムキット、ワークブック、保護者用ガイドが含まれます。

受講料は毎月払いの場合は月額6,160円、12ヶ月分の一括払いの場合は62,832円となります。

一括払いにすると、1ヶ月当たりの受講料は5,236円です。

また、初回のみレゴのSPIKEプライムキットの費用として44,000円が必要です。

標準編で使用するSPIKEプライムキットは高性能なモーターやセンサーや大型パーツなどが含まれるため、基礎編よりもキットの費用が高くなります。

Z会プログラミング講座の口コミは?

良い口コミ

Z会プログラミング講座の良い口コミとしては、子供が楽しめる教材であることを評価する声が多くあがっていました。

教材が来ると、時間を忘れてロボット制作に没頭しているという子供がたくさんいるようです。

ロボットを組み立てるだけでなく、万歳させたり、音を出させたりなど、小さなミッションをこなしていくのに楽しみを感じているとの意見も多く見られます。

成功体験を積み重ね、プログラミングの知識を身につけていけるので子供の自尊心を高めるのにも一役買っているという声も聞かれました。

そのほかにも、一般的なプログラミングスクールよりも料金が安く良心的との声もありました。

悪い口コミ

悪い口コミとしては、子供だけでプログラミングを理解するのは難しいため、ある程度まで親がサポートしなければならないという声があがっていました。

特に、仕事をしていて時間がない親御さんの場合は、なかなか時間が取れず歯がゆい思いをしているようです。

また、無料の体験学習がないことを残念に感じている人もいるようです。

プログラミングスクールの中には体験学習を行っているところもあり、実際に体験してから受講するか否かを決定できます。

Z会プログラミング講座に無料体験学習があれば、より高い支持が得られるでしょう。

そのほか、ロボット制作に興味がない子供は、どんどん教材ばかりがたまっていくという声も聞かれました。

Z会プログラミング講座がおすすめな子供は?

Z会プログラミング講座がおすすめなのは、楽しみながらプログラミングを学びたい子供です。

ロボットを組み立てて動かすという体験学習でプログラミングを学んでいくので、詰込みタイプの勉強が苦手な子供にも向いています。

また、小さなパーツや大きなパーツ、モーターなどを組み合わせてロボットを制作していくため、細かい作業が好きな子供にもおすすめです。

そのほか、知的好奇心が旺盛な子供は、ロボット制作に興味を示し楽しみながらプログラミングを習得することができるでしょう。

Z会プログラミング講座で楽しみながらプログラミングを習得しよう

プログラミングはコンピューター言語を暗記したり、理数系の知識が必要であったりと、難しいイメージがつきまといます。

Z会プログラミング講座は、プログラミングの堅苦しいイメージを払拭して楽しみながら学べる講座です。

これからますますIT社会となっていくことが予想されるので、小学生のうちからZ会プログラミング講座でプログラミングに親しんでみてはいかがでしょう。