香港旅行でホテルを選ぶポイント10選!失敗しないためにチェックしておくことは?

香港は日本人観光客からも人気の高い旅行先です。ただ、特に初めての海外旅行だと日本と比べて治安やホテルのサービスなど、不安な点がたくさんあるでしょう。

実際に海外は言葉が通じない、日本と常識やマナー、治安が違う分トラブルも起こりやすいです。

そこで香港旅行でホテルを選ぶ際に失敗しないためのポイントについて解説します。

本記事はプロモーションが含まれています
本記事を経由してサービスの利用があった場合、掲載企業から紹介手数料を受け取ることがあります。ただし、紹介手数料の有無が本記事の内容や順位に影響を与えることはありません。コンテンツ内容に関しては、株式会社Life Storiesが独自で制作したものです。(コンテンツ編集ポリシー)
【PR】GLP-1最安値はクリニックフォア

内服薬(税込) リベルサス3mg:7,028円〜
※クーポン利用、定期配送プラン
注射薬(税込) オゼンピック2mg:13,365円〜
※クーポン利用、3本セットプラン
診療時間 24時間対応
配送料 550円
  • リベルサス、オゼンピックが最安値
  • オンライン診療で便利
  • 最短翌日配送が可能
  • 定期配送で継続治療できる
  • GLP-1内服薬と注射薬に対応
スポンサーリンク

1. オフ/オンシーズンを知る

国内でも海外でも、ホテルの料金はその時期の旅行客の多さによって変動します。ホテルの混雑が予想されるのがオンシーズン、逆に空いていることが予測されるのがオフシーズンです。

オンシーズンの料金は需要が高いので料金も高く設定されており、ホテルによってはオフシーズンの5倍以上の価格になることも。やはり宿泊費用を安く抑えたいならオフシーズンを利用するのが良いでしょう。

一般的に旅行客からの需要が高いオンシーズンに当たるのは、年度の変わり目である4月頃や、ゴールデンウィーク前後、夏休み・お盆休みに当たる7月〜8月頃です。

オフシーズンはこれらの時期から外れた6月、10月〜11月、2月頃になります。オフシーズンは時期が中途半端で旅行客も少ないのでイベントごとが少ないのが難点。ただ、ホテルも観光地も人が少なくて空いているので快適に過ごせます。

2. 立地を把握する

香港は2019年に大規模なデモが起こり、デモは落ち着いたものの、それでも治安の面で不安を感じている人もいるでしょう。そのため、ホテルはなるべく旅行の目的地から近い場所を選ぶと良いでしょう。

九龍島サイド

香港の北部エリアに当たるのが九龍島エリアです。こちらは元々中華系の現地の人が暮らしてきた土地で、元々は豊かではなかったエリア。現代では新興市街地エリアに成長し、かつての屋台などが並ぶエリアと都会的なエリアが混在しています。

香港島サイド

香港の南部エリアにあるのが香港島エリア。こちらは元々香港に住んでいた富裕層やイギリスからの移民が多いということもあり、ヨーロッパ風の家が多く並ぶエリアとなっています。香港のビジネスの中心地として栄えてきたエリアであり、ショッピングエリアとしても人気です。

香港ディズニーランド周辺

香港の一大観光スポットが香港ディズニーランド。ディズニーランドは利用者が多いので、乗りたいアトラクションを制覇したいならやはりディズニーランド近くのホテルを取っておくと楽でしょう。また、朝一から閉園まで遊び、次の日もディズニーランド2滞在する予定があるといった場合も移動距離が少なくて快適に過ごせます。

3. 地下鉄(MTR)駅からの近さ

地下鉄を使って移動する場合は、地下鉄駅からホテルまでの距離も大切です。日本と比べて海外の夜は危険がたくさん潜んでいます。そのため、夜遅くまで出歩かないのがベストではありますが、香港は夜市もあるので、夜遅くまで観光を楽しむ人が多いでしょう。

そこでできるだけ海外旅行を安全に終えるには、ホテルと駅の移動距離を最小限に抑えるのがおすすめです。

特に女性や一人旅の方はこの点に気をつけてホテルを選んで下さい。

4. 予算・相場を把握する

予算・相場である程度ホテルのランクがわかります。やはりランクが高ければ高いほど安全性も確保されていて快適に過ごせるでしょう。

ただ、安さ重視でホテルを選ぶ場合、あまりにも安すぎると安心して休めないホテルに宿泊することになってしまうケースが存在します。

日本人観光客は置き引きなどのターゲットにもなりやすい傾向があるので、安さを重視するとしても相場を把握しておいて安すぎないホテルを選びましょう

5. 客室のタイプを知る

客室は基本的に日本と同じくシングル・ダブル・ツインの3種類です。その他にもランクが高いホテルでは2部屋続きやプール付きなど豪華な部屋も存在します。

こちらに関しては、宿泊の目的や人数に合わせて適した部屋を選んで下さい。

加えて、日本人が海外旅行をする際に忘れずチェックしておきたいのがお風呂です。海外のホテルではシャワーしか付いていなかったり、お風呂がトイレと一体、お風呂が外から見えるなど、不便な造りになっているケースが存在します。

そのため、ゆっくりお風呂で疲れを癒やしたい人はお風呂のタイプも確認して下さい。

6. アメニティの種類を確認する

アメニティも基本的にある程度の値段のホテルは日本のホテルのように一通り揃っていますが、低価格帯のホテルの場合アメニティが必要最小限もしくはアメニティが用意されていないことがあります。

手荷物を減らすために歯ブラシなどはホテルのものを使えば大丈夫、現地調達すれば問題無いと思っている人もいるでしょう。

生活雑貨はもちろん、ドライヤーなどの家電製品系は部屋に備え付けられていないことがあるので、アメニティも事前に確認してください。

7. 施設の充実度を知る

レジャー目的でホテルに宿泊するなら施設の充実度も把握しておきましょう。観光がメインで外出している時間が長く、あくまでホテルは寝るための場所ならあまりこだわらなくても良いですが、ホテルでもゆっくりしたい方はホテルの設備などもチェックしておくことが大切です。

特に把握しておきたいのがご飯でしょう。ホテル内にはどんな飲食店が入っているのか、宿泊プランに含まれている食事プランは美味しいのか、ご当地グルメを楽しめるのかなど。ハイランクなホテルではご飯そのものがホテルの名物となっていることもあるので、よりホテルの滞在時間を快適なものにしたいならご飯の内容を詳しくチェックしておきましょう。

また、お子様連れなどで、ホテル内でもしっかり遊びたいならプールなどホテル内で利用できるレジャー施設も把握しておきましょう。

8. チェックイン・アウト時間を確認する

チェックイン時間・チェックアウト時間の中でも特にチェックアウト時間の確認は大切です。

ホテルによってはチェックインの時間が夕方以降など遅めに設定されていることがあります。この場合、観光が早めに終わって部屋でゆっくりしたいのに、部屋に入れなくて周辺で時間を潰さなければいけなくなってしまいます。

また、チェックアウト時間が早めだと、ホテルでゆっくり眠れない、チェックアウトに間に合わなくて追加料金が発生してしまうこともあります。

そのため、行きたい観光スポットの営業時間とチェックイン・チェックアウト時間がかけ離れすぎていないか確認しましょう。

9. 日本語サービスの有無をチェックする

英語が話せない人は特に日本語サービスの有無を確認しておきましょう。外資系ホテルなら様々な外国語に対応できることが多いですが、それでも英語のみなど日本語に対応していないホテルも少なくありません

外国語対応していないホテルだと、ホテル内でトラブルがあった際に交渉が難しい、災害などが起こった際にホテルのスタッフの誘導が理解できないなど問題が起こるので、日本語に限らず自分が理解できる言語に対応しているかどうかを確認しましょう。

10. 「100万ドルの夜景」の見え方を確認する

香港に行ったら絶対に観たいのが100万ドルの夜景でしょう。これは毎日現地時間の午後8時から13分間開催されるナイトイベント「シンフォニー・オブ・ライツ」のことを言います。

100万ドルの夜景を観られるスポットは、アベニュー・オブ・スターズや尖沙咀プロムナードなど。この近辺のホテルを確保しておけば、ロマンチックな100万ドルの夜景をじっくり鑑賞できるでしょう。

香港旅行はホテル選びも大事!

せっかくの香港旅行を満喫するためには、ホテル選びも入念に行うことをおすすめします。

海外のホテルは当然、日本と勝手が違います。そのため、下調べを入念にしておかないとホテル内でのトラブルに巻き込まれることも。

自分の語学スキルや宿泊の目的、旅行のメンバー構成や予算に合わせて最適なホテルを選んで、香港旅行を満喫してください。