気になる男性から毎日来てたLINEが来なくなった理由6選!対処法は?

毎日のようにやり取りしてたのに、彼から急にLINEが来なくなった…

そんな経験はありませんか?

気になる彼からLINEが来なくなると、不安になってしまいますよね。

急にLINEしなくなるのには、なんらかの理由があるのかもしれません。

彼が今なにを考えているのか、いくつかのパターンを解説します。

また、LINEが来なくなった時の対処法、LINEを長続きさせるコツも合わせて紹介していきます。

本記事はプロモーションが含まれています
本記事を経由してサービスの利用があった場合、掲載企業から紹介手数料を受け取ることがあります。ただし、紹介手数料の有無が本記事の内容や順位に影響を与えることはありません。コンテンツ内容に関しては、株式会社Life Storiesが独自で制作したものです。(コンテンツ編集ポリシー)
【PR】GLP-1最安値はクリニックフォア

内服薬(税込) リベルサス3mg:7,028円〜
※クーポン利用、定期配送プラン
注射薬(税込) オゼンピック2mg:13,365円〜
※クーポン利用、3本セットプラン
診療時間 24時間対応
配送料 550円
  • リベルサス、オゼンピックが最安値
  • オンライン診療で便利
  • 最短翌日配送が可能
  • 定期配送で継続治療できる
  • GLP-1内服薬と注射薬に対応
スポンサーリンク

気になる男性から毎日来てたLINEが来なくなった理由6選!

毎日来ていたLINEが来なくなったのはどうして?

理由としては、次のようなことが考えられます。

  1. 気を引こうとしている
  2. あなたからの好意を感じて安心している
  3. 脈なしと判断して諦めている
  4. LINEの内容に気に障ることがあり怒っている
  5. 間が空きすぎて気まずく思っている
  6. 他の人が気になり始めている

順番に詳しく見ていきましょう。

1. 気を引こうとしている

LINEを急にやめる際の理由として、まずはあなたの気を引こうとしていることが考えられます。

毎日来ていたLINEが急に来なくなったら、やはり心配になりますよね。

実際に今あなたは、彼からLINEが来なくなったことで動揺し不安になっているはず。

今まで以上に彼のことが気になっているのではないでしょうか?

二人の関係が友達から先に進めずにいたのなら、彼もヤキモキしていたのかもしれません。

関係性をもう一歩先に進めるために、駆け引きのひとつとしてあえてLINEを送ることをやめているのです。

2. あなたからの好意を感じて安心している

あなたからの好意を感じて安心しているために、LINEをしてこなくなった可能性もあります。

そもそも、LINEでの連絡を苦手とする男性は少なくありません。

にもかかわらず、これまで毎日LINEをしてきてくれていたのは、あなたへの印象をよくするためだとも考えられます。

やり取りを通してあなたからの好意を感じることができれば、安心感からLINEの頻度も低くなるでしょう。

「少しくらいLINEしなくても彼女は離れていかないはず」と、彼の中に余裕が生まれているのだと考えられます。

3. 脈なしと判断して諦めている

あなたがこれまでLINE上でそっけない態度をとっていた場合、彼は脈なしと判断して諦め、LINEするのをやめてしまったのかもしれません。

男性は、女性が思うよりずっと繊細です。

「むやみに傷つきたくない」という思いから、望みのない恋をいつまでも追いかけようとはしません。

また、気の多い彼の場合、脈なしと判断すればすぐに見切りをつけてしまうことも。

すでに、あなた以外の女性にアプローチを始めている可能性もあります。

駆け引きのつもりであえて冷たい態度をとったり、既読スルーや未読スルーをしたりということはありませんでしたか?

彼からすると、自分に気がないように感じられたのでしょう。

「これ以上LINEしても無駄だな」と、あなたへのアプローチをやめてしまったのです。

4. LINEの内容に気に障ることがあり怒っている

あなたが送ったLINEの内容に気に障ることがあり、怒っている可能性も否定できません。

気の許せる間柄になると、LINEでのやり取りにも遠慮がなくなるもの。

冗談のつもりの“イジリ”が、彼のプライドを傷つけてしまうこともあります。

また、やたらと他の男性を褒めるような内容のLINEに対しても、同じ男としていい気はしないでしょう。

「今は連絡をとる気になれない」
「怒っていることを気付かせたい」

という気持ちから、LINEを送ることをやめてしまったのかもしれません。

5. 間が空きすぎて気まずく思っている

LINEの間が空きすぎて、気まずさから連絡してこないという男性心理もあり得ます。

LINEは、テンポのよいやり取りも特徴的です。

一定の間隔でラリーが続いていた場合、一度返信しそびれると、次にLINEするタイミングを失ってしまうこともあるでしょう。

バタバタしていて返信するのを忘れていた、LINEの通知に気付いていなかったなど、返信が遅れる理由はさまざま。

「遅くなって悪いな」という思いからLINEしにくくなり、そのうちさらに時間が経過して、余計に連絡しづらくなるというパターンです。

6. 他の人が気になり始めている

彼からLINEが来なくなった時の心理として、あなた以外の人が気になっているという可能性も考えておきましょう。

好きな人ができると、その相手とのやり取りを優先したくなりますよね。

彼もほかに気になる人ができ、あなたへのLINEは後回しになっているのかもしれません。

また、場合によっては、彼に彼女ができてしまったことも考えられます。

彼女に対する罪悪感から、ほかの女性に積極的に連絡しなくなったというのは、想像に難くありません。

深い理由はないのかも?考えられる他の可能性は?

彼がLINEをくれなくなったことに、特別な心理が働いているわけでははないのかもしれません。

次のような理由も疑ってみましょう。

仕事が忙しくなったから

男性がLINEしてこなくなる理由として、仕事が忙しいからというのはよくあることです。

一般的に、男性は同時に複数のことをこなすマルチタスクが苦手であるとされています。

そのため、仕事が忙しくなると、ほかのことまで手が回らなくなりがちに。

あなたとLINEでやり取りをする余裕がなくなっているのかもしれません。

仕事が繁忙期に入った、トラブル対応に追われているなど、彼の事情も察してみてください。

特に話題がなくなったから

特に話題がなくなったために、自然とLINEしなくなることもあるでしょう。

基本的に、男性は内容のない連絡を取り合うことを得意としません。

なにかしらの話題があればLINEも続きますが、会話が一度完結すれば、やり取り自体をそこでやめてしまうことも考えられるのです。

毎日LINEをしているのであれば、ネタ切れになっても不思議ではありません。

お互いに一度やり取りを休憩するタイミングととらえてもいいのではないでしょうか。

スマホの故障・紛失やアプリの不具合

スマホの故障や紛失、またはアプリの不具合といったやむを得ない理由も、ひとつの可能性としてあり得ます。

スマホを落として壊してしまったのかもしれませんし、飲み会の席で失くしてしまったのかもしれません。

また、LINEアプリに不具合があり、メッセージを受信できていない可能性もあります。

彼の意思に関係なく、LINEを送れない状況にあるのです。

ここは注意!

ただし、スマホの故障やアプリの不具合といった理由は、返信が遅れた際の言い訳としても使われがち。

事実かどうか確認するには、共通の知り合いのなかに、ほかにも彼と連絡を取れなくなった人がいるかどうか探ってみるといいでしょう。

毎日来てたLINEが来なくなったときの対処法は?

毎日来ていたLINEが来なくなると、

「何かあったのかな」
「私に興味がなくなってしまった?」

と不安になりますよね。

しかし、ここで焦りは禁物。

前述した理由や彼側の事情も考えながら、慎重に対処していきましょう。

3日程度であればほっといてみる

毎日来ていたLINEが来なくなったとしても、最低でも3日はほっといてみてください。

ここはポイント!

先ほど解説したように、彼からLINEが来ないことに深い理由があるとは限りません。

特に思い当たる節がなければ、具体的な対処法をとるのは数日様子をみてからでも遅くないでしょう。

彼からLINEが来ないことを焦るあまり、自分から連投していては、相手も連絡を催促されているような気がしてプレッシャーに感じてしまいます。

「LINEしなければいけない」という義務感から、あなたとのやり取りを素直に楽しめなくなるかもしれません。

彼があなたに好意を持っているのであれば、彼自身のタイミングでLINEしてくるはず。

あなたの印象をよりよくするためにも、“待てる女”であるべきなのです。

体調を心配するようなLINEを送ってみる

ある程度の期間待ってもLINEが来ないようであれば、体調を心配するようなLINEを送ってみましょう。

「最近寒いけど体調崩していない?連絡ないからちょっと心配になって…」このようなメッセージなら、催促してる感を出すことなく連絡することができます。

ポイントは、あくまでも彼を気遣う姿勢を見せること。

「忙しかったらごめんね」
「時間があるときでいいから返信もらえたら嬉しいな」

と、彼を思いやる一言も添えてみてください。

答えやすい質問系のLINEを送ってみる

彼が返信しやすい、質問系のLINEを送ってみるのもひとつの方法です。

「この前話してたお店ってどこだったっけ?」
「〇〇の連絡先知ってる?間違って消しちゃって…」

と、彼が返信せざるをえない状況をつくるのです。

彼もLINEするタイミングを失っていた場合、あなたの方からきっかけを与えることで自然とやり取りを復活させることができます。

また、それほどがっついた印象を与えないため、「まだ好意を気付かれたくない」という場合でも好都合でしょう。

自分に非があるならきちんと謝る

これまでのLINEの内容から自分に非があると判断できるのなら、きちんと謝りましょう。

この場合、期間をあけるほど関係を修復するのがむずかしくなってしまいます。

「気に障ること言っちゃったな…」と自覚があるのなら、早い段階で連絡を入れることが大切です。

LINE上のメッセージでは、細かなニュアンスが伝わらないことも考えられます。

「嫌なこと送っちゃってごめん。謝りたいんだけど、電話してもいい?」と、電話でのやり取りを申し出ることもひとつでしょう。

反応がないなら見切りをつけるべきかも

こちらから連絡を送っても返事が来ない、あるいは反応がそっけないといった場合は、残念ながら脈なしの可能性が高いといえます。

LINEでやり取りするなかで、「なんか違うな…」と感じる部分があったのかもしれません。

また、彼にほかに好きな人ができた可能性も考えられます。

いずれにせよ、ここから状況が好転することはあまり見込めません。

彼との関係には見切りをつけ、新しい恋を探すべきといえるでしょう。

気になる男性とLINEを長続きさせるには?

気になる相手とのLINEを長続きさせるには、ちょっとしたコツも必要です。

やり取りを長く続けたいのなら、次のポイントを意識してみてください。

相手にとって心地いい返信頻度を見極める

LINEでやり取りする際は、相手にとって心地いい返信頻度を見極めるようにしましょう。

失敗が少ないのは、相手の返信頻度に合わせること。

ここはポイント!

例えば、あなたからのLINEに対して半日後に返信がくるのであれば、同様に半日後にLINEを送るようにするのです。

「この子となら無理なくLINEを続けられるな」と、彼も好感を持ってくれるでしょう。

ただし、短い間隔でLINEのやり取りをしている時は注意が必要です。

すぐにLINEの返信がくるからといって、それが彼にとって心地いいペースとは限りません。

あなたに合わせようと無理をしている可能性もあります。

彼のテンションやリアクションからLINEに疲れた様子を感じ取れるのなら、あなたの方からペースダウンさせてみてください。

負担のない頻度であれば、やり取りも自然と続くようになるはずです。

返しやすい話題を振る

自分の話したいことを一方的にLINEするのではなく、相手が返しやすい話題を振ることも大切です。

「この前おすすめしてくれた漫画読んだよ~!」
「パソコンについて詳しかったよね?ちょっと設定について聞きたいんだけど…」

といったように、相手の趣味や得意分野についての話題なら会話も盛り上がるはず。

「自分に興味を持ってくれているんだな」と、彼に好感を与えることもできます。

返しやすいLINEとして質問を送ることも挙げられますが、質問攻めになるとかえって相手を疲れさせてしまうことに。

質問を入れるのなら、そこから話題を広げることもわすれてはいけません。

メッセージは短文で送る

LINEを長く続けたいのなら、メッセージは短文で送るようにしましょう。

長文でのやり取りを好む男性はごく稀です。

どれだけ話題に気を使ったとしても、長文というだけで返信する気が失せてしまうことは充分に考えられます。

特に、スクロールしないと読めないような長文LINEは「読むのも疲れる…」と距離をおかれてしまうのがオチでしょう。

テンポよくやり取りを続けるには、一度に送るメッセージは2~3行でおさめるよう、意識してみてください。

話したいことは小出しにした方が、ネタ切れになることもありません。

まとめ

毎日来ていたLINEが来なくなった場合、次のような理由があると考えられます。

  1. 気を引こうとしている
  2. あなたからの好意を感じて安心している
  3. 脈なしと判断して諦めている
  4. LINEの内容に気に障ることがあり怒っている
  5. 間が空きすぎて気まずく思っている
  6. 他の人が気になり始めている

LINEが来なくなったからといって、すぐに脈なしであるとは断定できません。

必要以上に焦ることなく、これまでのやり取りや彼の性格も考慮した上で対処するようにしましょう。

また、

  • 相手が返しやすいLINEを心がける
  • 返信頻度を見直す

など、自分も彼も無理なくLINEを続けられるよう意識することも大切です。